嗜む程にゲームを味わう

家庭用ゲーム、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことなどを書いているゲームブログです。

【Buriedbornes】ダークエルフの評価とレビュー

f:id:dot_ag:20171006225019p:plain

 

こんにちは。Agariです。

 

少しずつプレイを続けているBuriedbornesですが、今回、ダークエルフを使っていて面白かったので紹介したいと思います。

 

ダークエルフの出現条件

「イベント」部屋に進み、ダークエルフとのイベントを4回発生させると、自動的に使用可能になります。

 

ただし!!

 

このキャラ、イベント1回目&2回目は、持っている装備品をランダムで1つ盗まれ、二度と戻ってきません。。。
(私は、かなりいい装備が手に入った直後に初めてコイツに遭遇したのですが、見事にピンポイントでその装備を盗まれ腹が立ちました・・・(ーー゛))

 

ですが、3回目からはもう盗まれませんのでご安心を。

 

そして、臆せずに「イベント」がある部屋を進んでいき、このキャラとのイベントを4回発生させると、”ダークエルフ”が冒険者として作成できるようになります。

 

ダークエルフの初期性能

※Ver. 2.4.6時点

<スキル>

  • シャドウショット
     ぎりょう依存の攻撃スキル 威力200、先制発動スキル、クールダウン2
  • やくがく
     継続ダメージ依存(+100%)のシールドを付与、クールダウン3、発動時ターン消費なし(Tスキル)
  • もうどくのやじり
     2ターン持続のやじりを付与。やじり効果中に直接攻撃を当てるとけいぞくダメージ(敵の最大HP依存/+5%)を付与する。この継続ダメージは限界突破する。

<初期装備>

  • 武器
     ぎりょう+10、しんこう+10
  • 防具
     さいだいHP+50、かいひ+20%
  • その他
     シールド+35、ゆうどく+20%

<隠しパラメータ>

  • うばうもの
     拾う装備が4つ以上の効果を持つ
  • テレポート
     2部屋先に移動できる
  • わなかいひ
     罠を回避できる

基本性能に関しての所感

まず、隠しパラメータの「うばうもの」がなかなか良いです。
必ず4つ以上の効果がついている装備品を拾えるので、序盤から多くの効果を持つことができます。

この効果のデメリットとしては、組み合わせによっては邪魔になる効果がついてくる可能性もあること。

まあでも、デメリットよりもメリットの方が大きいので、そんなに気にする程のことではありません。

 

初期スキルの「シャドウショット」も優秀な攻撃スキル。

このスキルは戦闘開始時に、先制攻撃で開幕ダメージを与えられる(クールダウン中でも発動される)のでザコ敵を瞬殺できたり、バリア持ちなどの敵には、実質ターン消費なしでバリアを剥がすことも出来るので、序盤のダメージソースとしてかなり優秀です。

ただし、後半になるにつれてシールドやバリア持ちの敵が増えてくると、このスキルでは力不足になりがちですので、強い攻撃スキルをもう一つ持つor入れ替えるか、別の攻撃手段を確保しておく必要があります。

 

防御面に関しては、回避で攻撃を避けつつ低いHPをシールドでカバーするタイプです。

 

実際に使ってみて分かったこと

「もうどくのやじり」が意外と強かった!

正直、初期状態だとあまり活躍の機会がないスキルなのですが、途中で「くない」や「きょくげい」などの連続ヒットするスキルを手に入れると、その強さを実感出来ました。

 

というのもこのスキル、使用後1ターン中の攻撃がヒットする度に相手の最大HPの5%分の継続ダメージを付与するスキルなのです。

 

仮に敵の最大HPが1000だったとしましょう。

最初のターンで「もうどくのやじり」→「きょくげい(4連続攻撃、Tスキル)」→「くない(3連続攻撃)」とすると、全てヒットで 50(最大HP1000の5%)× (4 + 3) = 350けいぞくダメージ(敵の最大HPの35%分の防御無視追加ダメージ)+ くないでの攻撃ダメージ を与えられる計算になります。

このけいぞくダメージは2ターン持続するので、1ターン目終了後は350けいぞくダメージですが、2ターン目も継続ダメージをいれることができれば、2ターン目終了時点で敵の体力を半分以上けいぞくダメージだけで削れることになります。

これは体力の高いボスやバリア持ち等のどんどん強くなっていく深層の敵に対して、特に強力なダメージ源になります。(敵の最大HPに対する割合でダメージが入るので、HPが高い敵には特に有効)

 

実際に私がダークエルフを使った時、運良く「きょくげい」が手に入ったおかげで、最初の関門である10Fのボスを撃破できました!

f:id:dot_ag:20171007003547p:plain

 

その時のスキルと装備は以下になります↓

f:id:dot_ag:20171007003639p:plain f:id:dot_ag:20171007003815p:plain

 

シールドが切れないように、スキルと装備品でのカバーが必要

回避タイプでもあるので回避率を高めるのも良いのですが、「きゅうくつ」部屋や敵の必中攻撃などで回避が役に立たない場合があり、その時にシールドが足りないとすぐやられることが多かったです。

 

なので、個人的には回避よりもシールド&HPアップを優先して装備を集める方が安定しました。

 

けいぞくダメージ(どく)を主体とする場合、合わせて「めいちゅう」や「ゆうどく」が付いている装備も拾えると、初期スキルの「やくがく」でシールド値の回復も狙えるため、その後の戦闘がかなり楽になります。

 

最終的にどういうビルドにするのかを考えて動かないと、中途半端になってしまう

ダークエルフのビルド方針としては、「強力な攻撃で短期決戦」または「けいぞくダメージ等でじわじわ攻撃しながら、回避や受け流し、耐性等で耐える」の2パターンになるのかな、と思いました。

 

もちろんその他のビルドもあるとは思いますが、初期状態から順当に強化することを考えると、この2パターンのどちらかになっていくように思います。

 

初期スキルの「シャドウショット」と「もうどくのやじり」はあまり相性が良くないため、10F付近になる頃にはどちらかを捨てて、より強力なスキルの組み合わせに変えていくのが良さげです。

 

あと「強力な攻撃で短期決戦」のビルドはまだ試していないので、詳細はまた後日書きたいと思いますが、命中とクリティカル率アップ、「きょうらん」などでダメージの底上げをしていくような感じになりそうです。

 

まとめ

  • シールドと回避で敵の攻撃をさばきつつ、けいぞくダメージなどで強敵とも戦えるぎりょう職
  • 「もうどくのやじり」は連続攻撃スキルやTスキルとの相性が抜群に良い
  • 回避特化よりもシールドやHPアップに重点を置きつつ、ある程度の回避率も確保しておくと安定する
  • 「うばうもの」の効果で、序盤から良い装備品を拾える確率が高い
  • 10F付近になる頃にはビルド方針をある程度決めておかないと先が厳しい

 

まだ数回しか使っていませんが、初期状態からビルドの方針がある程度決まりやすくなっているので、結構使いやすい職業だと感じました。

 

それと、けいぞくダメージでじわじわと体力を削っていけるのが自分の肌に合ったのか、個人的には使っていてとても楽しい職業です(笑)

 

最初に装備を2つ盗まれた件は水に流そう(・∀・)

 

 

さて、また地下へ潜るとしますか。

 

 

P.S.

14Fで力尽きました。。。

f:id:dot_ag:20171007094841p:plain