嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【ボードゲーム】「マクドナルドクルー 人生ゲーム」は大人も楽しめるハッピーセットでした

ボードを広げた様子 - マクドナルドクルー 人生ゲーム
 

今年も残り1ヶ月を切りましたね。

年末年始は毎年大作ゲームの発売ラッシュだったり、忘年会・新年会などで出費がかさみ大変です。

 

そんな中、先月から少し話題となっていたマクドナルドのハッピーセット「オリジナルパーティーゲーム」(全6種)。

 

その中の第1弾である「マクドナルドクルー 人生ゲーム」をプレイする機会があったので、この記事ではプレイの流れやその感想を書いていきたいと思います。

 

※「マクドナルドクルー 人生ゲーム」は、期間限定商品であり、すでに販売期間は終了しています。

 

 

「マクドナルドクルー 人生ゲーム」とは?

全国のマクドナルドで販売されているハッピーセットについてくるおもちゃの、期間限定商品の第1弾です。

 

商品名に「人生ゲーム」とあるように、ゲーム自体は一般的に販売されている普通の人生ゲームと同じ流れで進めていきます。(ルーレットを回して出た数字の数だけ自分のコマを進めてゴールを目指します)

 

普通の人生ゲームとの違いは、ボードに書かれているイベントやテーマが「バイトとして入ったマクドナルド店員(クルー)がどういう仕事人生になるか」を人生ゲームとして表現しているという点です。

 

このゲームの勝利条件は「全員がゴールした時点で、もっとも多くの”スマイル”を持っていた人が勝ち」というルールになっています。

 

”スマイル”とは、このゲームでのポイントの単位です。
こういう紙タイプのものが付属しています↓ (※自分で切り取る作業は必要です)

机の上に置かれた切り取った後のスマイルカード - マクドナルドクルー 人生ゲーム

まあ言ってしまえば、人生ゲームでいうところのお金の代わりです。

 

スマイルという単位については、店員のお姉さんに「スマイルください」と言ったら飛びきりの笑顔で応えてもらえる、あのスマイルが元になっているのではと思います。(たぶん!私は実際に言ったことはありません・・・

 

プレイ人数は2~4人となっていましたが、今回は2人でプレイしました。

 

プレイの流れ

まず、自分のコマをスタートマスに置き、最初に各自5スマイルを持った状態からスタートします。

付属のルーレットを回して、出た目に書かれたイベントに合わせて、スマイルが増減していきます。

 

1ターン目(序盤)

じゃんけんで勝った私は先行でスタート。

私は最初に2を出して、クルー2の職業カードを引きました。(この職業カードは後にランクアップをして、ボーナススマイルを獲得するのに使います)

その後、止まったマスの効果で「スマイルデー」マスに進み、1スマイルを獲得。

相手の番へ。

 

スタート時、相手も同じ2を出しましたが、ルール上で職業カードは各自別々のカードにならなくてはいけないようで、他の人と違う職業カードのマスに当たるまで(今回の場合は2以外で出るまで)ルーレットをやり直しました。説明書にそう書かれていました。

ちなみにこの後、2回も”2”が出て(笑)、結局4の出目のクルー4を引いて手番終了。

 

2ターン目

私の出目は「4」。”一回休み”マスに止まり、相手の番へ。。

相手の出目は「6」。”風邪を引いてバイトを休む(-1スマイル)”へ。バイト始めから風邪を引くなんて、ついてないですね(^^;)

 

・・・え?私も休んでるって?

違いますよ。私の場合は、諸事情によりちょっとシフトを調整してもらっただけですよ!(・-・;)

 

3ターン目(中盤)

私の出目は「6」。・・・ですが、ココで”ストップ!コース選択”マスで強制停止します。

このマスでは、ルーレットの出目によって、次に進むコース(フードコース or サービスコース)が分かれます。出目が2,4,6ならフードコースへ、1,3,5ならサービスコースへ。

私は3を出したので、次の番からはサービスコースへ進みます。

コース分岐の選択マス - マクドナルドクルー 人生ゲーム

 

相手の出目は「4」。同じく”ストップ!コース選択”マスで強制停止です。

コース選択の出目は2が出ましたので、相手は次の手番からはフードコースへ進みます。

 

フードコースとサービスコース、”厨房での調理業務”か”カウンターに立っての接客業務”か、という感じでしょうか。

 

私は接客が苦手なので、どちらかというとフードコースへ進みたかったです。。(´・ω・`)

 

4ターン目

私の出目は「4」。”スマイルデー”マスへ止まり、1スマイル獲得。このマスは通過するだけで1スマイルを貰えるので、止まってもあまり意味がありません。。

相手の出目は「2」。”レタスの量を間違えてしまう(-1スマイル)”マスへ。

 

5ターン目

私の出目は「3」。”お客様から「おいしかった」と言われてうれしい(+2スマイル)”マスへ。これは実際に言われたら、確かに嬉しくなりますね!

相手の出目は「6」。”ビーフパティ(お肉)を入れ忘れる(-2スマイル)”マスへ。初日に風邪を引いて休み、レタスの量を間違え、お肉を入れ忘れるバイト店員。。(;_;)

 

6ターン目

私の出目は「3」。”ルーレットを回し、出た目の数のスマイルをもらう”マスへ。これはボーナスマスですね!この時は3を出したので、3スマイルを獲得しました。

相手の出目は「1」。”機械がこわれてバンズ(パン)がこげてしまう(-2スマイル)”マスへ。今回は機械のせいだとしても、ここまで1回もプラスのマスへ止まっていない相手。この時点で、相手の所持スマイルは0になりました。

 

7ターン目(終盤)

私の出目は「6」。ですが、”ストップ!ランクアップ”マスで強制停止です。このマスでは、最初に引いた職業カードに書かれている「ランクアップナンバー」と同じ数字がルーレットで出たら、カードを裏返してランクアップできます。私は見事にランクアップナンバーと同じ3が出たので、マネージャーへランクアップ!

職業カードのランクアップ - マクドナルドクルー 人生ゲーム

 

相手の出目は「5」。”ストップ!ランクアップ”マスへピッタリ止まります。ここではルーレット運が悪い相手も、無事(?)にスター店員へランクアップしました。

[余談] ここまでフードコースでミスを頻発してきたバイト店員が、どうやってスター店員にランクアップできたのか。不思議ですね~(笑)

 

8ターン目

私の出目は「6」。”I'm lovin it! と言えたら、5スマイルもらう”マスへ。I'm lovin it!。もちろん言いましたよ(`・ω・´)(2人とは言え、こういうのはちょっと気恥ずかしいですw)
ということで5スマイルと、通過した”スマイルデー”マスの効果(職業カードのかいてあるスマイルをもらう)で合計8スマイル獲得。このターンだけでウハウハです(^^)

相手の出目は「5」。”バースデーパーティープレゼントを準備し忘れる(-2スマイル)”マスへ。あらら・・・。でも”スマイルデー”マス(通過すると職業カードに書いてあるスマイルをもらう)で2スマイルを獲得。

 

9ターン目

私の出目は「2」。”商品を渡し間違え、お客様におこられる(-4スマイル)”マスへ。申し訳ございませんでした!!!(平謝り)

相手の出目は「1」。”I'm lovin it! と言えたら、5スマイルもらう”マスへ。I'm lovin it! と言ったので5スマイル獲得。

 

10ターン目

私の出目は「1」。”マックアドベンチャーでお友達と楽しい時間をすごす(+3スマイル)”マスへ。3スマイル獲得。

相手の出目は「3」。同じく”マックアドベンチャーでお友達と楽しい時間をすごす(+3スマイル)”マスへ。3スマイル獲得。

 

11ターン目

私の出目は「2」。”スマイルデー”マスへ。ここも職業カードに書いてあるスマイルをもらうので、私は3スマイル獲得。

相手の出目は「6」。そのまま”ゴール”マスへ。”スマイルデー”マスを通過したので、相手は2スマイル獲得。そして、1着でゴールしたのでボーナス10スマイル獲得で終了。

 

12ターン目

私の出目は「5」。ピッタリ”ゴール”マスへ。”スマイルデー”マスを通過したので、私は3スマイル獲得。2着でゴールしたので、ボーナス5スマイルを獲得で終了。

 

最終結果

左が私。右が相手です。

最終結果時の様子 - マクドナルドクルー 人生ゲーム

 

25対17で、私が勝利しました!

やったね!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

(※写真を見ながら、記憶をたよりにゲームのログを書いてきましたが、もしかするとどこか抜けている箇所があって所持スマイルの計算がおかしいかもしれません。。。申し訳ないです。。)

 

それと、2人でのプレイ時間は約30分でした。

 

プレイ後の感想

最初に思ってたより面白かったです!

実はあんまり人生ゲーム自体をやったことがないのですが、ゲームが終了した後に「誰がどんな人生を歩んできたのかを振り返る」のが人生ゲームの面白さなんだな、と分かりました。

 

ちなみに、今回のそれぞれの人生ですが、

私は、お客様から「おいしかった」と言われたり、”スマイルデー”マスなどで順調にスマイルを獲得でき、結構良いバイト人生でしたが、、

相手の方は、風邪で休んだり、レタスの量を間違えたり、バンズを焦がしたり、バースデーパーティープレゼントを忘れたりと、散々なバイト人生でした(^^;)

でもスター店員になってたので、どこかで良い部分があってそこが認められたんでしょうね。(きっと!)

 

最後に

マクドナルドのハッピーセットってなんかチャチっぽそうだなぁ・・・。と、最初は考えていたのですが、やってみるとゲーム自体はしっかりと遊べるもので満足度は思ったより高かったです。

ただ、何回も繰り返しプレイしたくなるようなリプレイ性はあまり感じられなく、数回やれば十分な印象を持ちました。

 

元々小学生向けに作られたものだとは思いますが、大人でもそれぞれのマスに書いてあることに何か気付かされることもあるような気がします。

 

ハッピーセットって、今までは子どもが喜びそうなキャラクター系ばかりというイメージがあり、親御さんの中には「今度はこのキャラクターで来たか・・・」みたいな感じで、少し斜に構えて見ている方もいるのでは、と思います。

 

ですが、今回の「オリジナルパーティーゲームシリーズ」は、親と子が同時に楽しめて親子のコミュニケーションが取りやすくなり、家庭に笑顔が増える。まさに”ハッピー”になれるセットなのでは?、と感じました。

 

今、小学生のお子さんがいて、ゲームで遊ぶのに抵抗がないご家庭でしたら、間違いなくオススメできるモノだと思います。

 

少し前から、ボードゲーム(アナログゲーム)はまた徐々に人気が出てきているのでは、と感じられるところに、今回のマクドナルドのハッピーセットが出てきましたので、これでもっとボードゲームをプレイする人が増えてくれたら嬉しいですね(^^)

そして、ボードゲームをプレイできる専用スペースとか、誰か全国展開してくれないかなぁ~、なんて(笑)

 

 

それではまた!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!