嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【地球防衛軍5】プレイ日記#6 オフM10:赤蟻が初登場!山の中での密集戦【PS4】

[ミッション10. 逃避行]開始時の様子【地球防衛軍5】

 

前回のおさらい

到着した街も安全ではなかった。街から離れようとした時、襲われている市民を発見。市民を助けるため、殲滅戦を開始する。敵の殲滅完了後、総司令官から軍曹に「民間人(プレイヤー)を安全なところまで護衛してやれ」との通信が入り、再度、別の街を目指し移動を始める。

【地球防衛軍5】プレイ日記#5 オフM9:初ミッション失敗!クモ退治は計画的に!【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

ということで、今回は「別の街へと避難するために山を移動するところ」からお送り致します。

 

ミッション10. 逃避行

ウイングダイバー エアレイダー

ドラグーンランス
ラピッド・ミラージュ

プラズマコア

リムペットガンD
120ミリ制圧砲A
デコイ〔グリーン〕

ニクス グレネーダー

 

今回のマップは山岳地帯です。

ミッションを開始すると、左右の山から同時に敵が出現。挟み撃ちにされます。

出てくる敵は「侵略性外来生物α 赤色種(通称:赤蟻)」。このミッションから初登場です。

「硬い!銃弾を弾きやがった!」「砲撃が効かないぞ!」と味方隊員が言いますが、大丈夫です。ちゃんと効いていますのでお安心を。

 

赤蟻は、酸を飛ばさない代わりに噛みつき攻撃をしてきます。噛みつかれると、しばらく拘束されて身動きが取れなくなってしまい、その間に囲まれたり、さらに別の敵から攻撃を受けたりするので、意外と侮れません。

そのため、接近される前に倒すのが理想ですが、近づかれてもタイミングよく回避することで攻撃を避けられます。

ですが、隊員も言っていたように、黒蟻よりも硬い(耐久力が高い)です。

そのため、基本的に引き撃ちをしながら、確実に1体ずつ対処するのが良いと思います。

 

さてさて、赤蟻をある程度倒すと、

「EDFは非常事態を宣言し、総司令部への立ち入りを禁止しました。これに反発した人々が、警備隊ともみ合いになっています。」との通信が。

司令部もなかなか大変そうです。

 

ここで、総司令官からも通信が入ります。

総司令官「敵性勢力の正体、彼らは・・・。地球外文明人だと推測される。」

総司令官「我々は、地球外文明と遭遇した。地球は、侵略を受けている。」

隊員A「聞いたか・・・?」

隊員B「そんなバカな・・・」

 

その直後、報道からも「地球外生命体のものと思われる宇宙船が、地球軌道上に到達しており、一部では既に交戦状態となっている」とのこと。

 

そして、赤蟻を全て倒し終えると、総司令官から通信が入ります。

総司令官「今現在、地球上に安全な場所はない。全兵士が最前線にいるものと覚悟してほしい。」

やはり安全な場所なんてありませんでした(´・ω・`)

 

と、ここでミッションクリアとなります。

 

今まで安全な場所を目指して移動してきたけど、「安全な場所はない」ということは、もう逃げるのではなく戦える者は全員で戦う(プレイヤーである民間人も含めて)、ということなのかな・・・?

 

ここまでの感想

前回忘れていたウイングダイバーのブースト(L3ボタン(左スティック押し込み))を使ってみました。が、「スティックを倒しながら押し込む」ってちょっと操作しずらいですね。。

1回だけならまだ良いのですが、何回も連続で押したい時に、ゲーム画面よりも指に意識がいってしまうので、一瞬敵がどっちだったか忘れてしまうことがありました。(これも慣れでどうにかなるのかもしれませんが・・・)

 

さて、ストーリー的には、「宇宙からやってきた地球外生命体に地球全体が侵略を受けている、という状態が正式に全世界へと発信され、EDFは総力を上げてこれに対処しようとしている」というところのようです。

 

プレイヤーである民間人も、そろそろEDFへ入隊する時期ですかね。早く正式な戦闘服で出撃したいです。(特にフェンサー。あの作業員感丸出しのパワードスケルトンは、ちょっとかっこ悪い。。)

 


というところで、今回はここまで。


最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

続きはこちら。

www.light-gamer.com

プレイ日記の一覧はこちら。
【地球防衛軍5】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

©2017 SANDLOT ©2017 D3 PUBLISHER