嗜む程にゲームを味わう

家庭用ゲーム、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことなどを書いているゲームブログです。

【MHW】プレイ日記#10 リオレウスとディアブロスを狩猟し、生態系の頂点へ!古代竜人は何を語るのか?

森の古代竜人【モンスターハンター:ワールド】


こんにちは!

 

瘴気の谷にいるはずのゾラ・マグダラオスが、何故か見つかりません。

そこで、古くからこの地にいる「古代竜人」を探して、話を聞きに行きます。

 

 

簡単には教えてくれない古代竜人

拠点に戻ると、調査班リーダーから「古代竜人の目撃情報で一番近いのは、古代樹の森だ」と教えられましたので、早速、古代樹の森へ探索にいきます。

 

キャンプを出てその辺を走り回っていると、古代竜人の痕跡を発見。

いくつかの痕跡を採取して導蟲を追いかけると、古代樹の森の頂上へ到着します。

すると、ムービーが入り、空の王者「リオレウス」に襲われました!

 

受付嬢と2人して、なんとかリオレウスから逃げ切ると・・・、

逃れた先で、探していた古代竜人を発見。

 

早速ゾラ・マグダラオスの行方を尋ねてみると、

「君に、それを知る資格はないよ」

「生態系の頂点に立つ者だけが、森と荒地に君臨する火の竜と角の竜を制するほどの者だけが、この地の秘密を知る資格があるよ」

と言われてしまいます。

 

どうやら、森に君臨する火の竜「リオレウス」と、荒地に君臨する角の竜「ディアブロス」の2頭を狩猟する必要があるようです。

 

火の竜「リオレウス」の狩猟

初めてリオレウスと遭遇するシーン【モンスターハンター:ワールド】


では早速、先程襲われたリオレウスを狩猟しに行きます!

受付嬢から「一度拠点に戻りますか?」と聞かれますが、まあ大丈夫でしょう。(たぶん)

 

とりあえず、マップを開きリオレウスにピンを打って、導蟲に誘導してもらいます。

・・・が、リオレウスは空を飛んで移動するので、地上から追いかけていると、なかなか追いつけません。。

そこで、前に開発者インタビューなどで読んだような気がする「モンスターに一番近いキャンプへ飛んでから、追いかける」をしてみると、楽に追いかけることができました(^^)

 

ということで、やっとリオレウス戦です!

動きは過去作のリオレウスと同様、空に飛んでいる時間が多いので、スリンガー閃光弾や閃光羽虫を最大限に活用して、攻撃していきます。

飛燕スキルが付いているからか、操虫棍のジャンプ攻撃もそれなりのダメージが入りましたので、

ジャンプ攻撃を交えつつ、全部位破壊も達成して、無事に狩猟完了しました。

 

それと、空中にいるリオレウスの新しい攻撃として、前方を短いブレスで薙ぎ払うような攻撃をしてきました。

操虫棍以外の武器だとあまり関係ないような気もしますが、ジャンプ攻撃で頭を狙う時、この攻撃には要注意です。

 

空中で薙ぎ払うように短いブレスを吐いているリオレウス【モンスターハンター:ワールド】

空中で薙ぎ払うように短いブレスを吐いているリオレウス


 

角の竜「ディアブロス」の狩猟

リオレウスを狩猟後、一旦拠点に戻ってから、任務クエスト「角の竜は砂の底」を受注します。

 

実は、初めて大蟻塚の大地に来た時、エリア8に突然開いた砂の穴に落ちてしまい、一度ディアブロスと遭遇したことがあります。

今回もエリア8にいそうだな、と思ったので、素材と痕跡を採集しながらエリア8を目指します。

エリア8に到着すると、思った通りムービーが入りディアブロスが登場!

ムービー中に穴の中のへ落ちたため、そこから狩猟開始です。

 

初めてディアブロスと遭遇するシーン【モンスターハンター:ワールド】

 

ディアブロスの動きや攻撃は、基本的に過去作とそんなに変わりませんが、攻撃前や攻撃後の細かい挙動が変わっていました。

あと、地面に潜って地中から突き上げてくる攻撃の威力がかなり高く、初戦から1乙してしまいました。。

ディアブロスが、地面に潜ったのを確認してからスリンガー音爆弾をセットするのでは間に合わないため、ディアブロス戦では、次回からは事前にスリンガー音爆弾をセットするように気をつけます。。

 

その後、尻尾・翼・角の部位破壊にも成功し、なんとかディアブロスの狩猟に成功しました。

正直、今回は3乙してクエスト失敗するかもしれないと思っていたので、クリアできて本当に良かったです・・・( ´ー`)フゥー

 

さて、森の古代竜人に言われたとおり、「火の竜」(リオレウス)と「角の竜」(ディアブロス)を狩猟しました。

これで、古代樹の森と大蟻塚の大地の”生態系の頂点”に立った、ということですね!

 

ゾラ・マグダラオスの居場所が判明

クエストクリア後、すぐに森の古代竜人から話を聞くイベントシーンが入りました。

 

森の古代竜人曰く、

あの竜は、命の光に魅かれて死に場を抜け出し、「地脈回廊」で迷子になっている。
死の間際なので、炎の生命力を極限まで溜め込んでいる。
地脈回廊は、その名の通り、大地の脈であり、その奥でゾラ・マグダラオスが死んだら、膨大な炎の生命力が地脈を駆け巡り、
あらゆる場所から炎が吹き出し、空が焦げ、大地のすべてが跡形もなくなる。
これが、あの竜の秘密。これが、この地の終焉。それが自然の定め。

・・・とのこと。

 

つまり、ゾラ・マグダラオスをこのまま放っておいたらこの新大陸は火の海となり、そこに拠点を構えている調査団も危ない、ということです・・・!(゜o゜;

 

調査団はどう動くのか

この話を聞いた総司令は、すぐに作戦会議を開きます。

すぐに避難するように意見する者、討伐を考える者など、様々な意見が飛び交う中、受付嬢から1つの提案が。

「回廊以外の場所に彼(ゾラ・マグダラオス)を導くというのはどうでしょう?」

地脈回廊は海と近接した場所にあるため、なんとかしてゾラ・マグダラオスを海側に誘導する。

海の中なら膨大なエネルギーの放出を和らげることができ、そこで死んだゾラ・マグダラオスを苗床に新たな生態系が築かれるだろう、と。

 

なるほど!ナイスアイデア!!(゚д゚)!

 

しかし、物資が枯渇している現状でどうやって誘導するのか、という意見が。。

その話をしている時に、ちょうど山ほど物資を積んだ船長の船が戻ってきました。

しかも、最新式の対古龍用兵器「撃龍槍」を積んだ船も持ってきたとのこと!

これなら、「ゾラ・マグダラオスの誘導に強い希望が持てる」ということで、総司令の号令のもと、ハンターたちは地脈回廊へ向かうことになりました。

 

具体的な作戦の説明は現地でするらしいので、とりあえず、防具や武器を少し強化してから向かうことにします。

 

作戦会議が終わった時のシーン【モンスターハンター:ワールド】

 

 

ということで、今回はここまで。

次回は、いよいよ「ゾラ・マグダラオスの最終作戦」です!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

▼次の記事はこちら

www.light-gamer.com

 

▼『MHW』プレイ日記の一覧はこちら

【モンスターハンター:ワールド】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

 

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.