嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

ニンテンドースイッチとダンボールで作る新しい遊びの形。『Nintendo Labo』について思ったこと

Nintendo Labo

 

少し前に、任天堂から発表された『Nintendo Labo』の紹介映像がyoutubeにアップされていたのですが、、、あとで見ようと思いつつ、すっかり忘れていました。。

 

さきほど公式の動画を全部見終わったので、個人的に思うところを書いてみたいと思います。

 

▼『Nintendo Labo』公式動画

Nintendo Labo 紹介映像

 
 

 

自分でもコントローラー(Toy-Con)を作れるようにしたのが面白い!

既存のデジタルゲームでは、開発側が決めたコントローラーでしか操作出来ませんでした。ニンテンドースイッチでも、それは変わりません。

しかし、『Nintendo Labo』では、”ダンボール”を使うことにより、動く仕組みさえ分かれば「自分でコントローラーを自作できる」ようにしている点がとても面白いです。

そして、それを子どもでも出来るように、一連の流れを”遊び”としてデザインされているのが、単純にすごいと思いました。

 

↓こんな感じの好循環が生まれそう。(というか、そういう風にデザインされているように思う)

  1. Toy-Conを自分の手で実際に作る楽しみ
  2. 作ったものでゲームを遊ぶ楽しみ
  3. 動く仕組みを学べ、知る楽しみ
  4. どうやって動くかが分かると、自分で作ってみたくなる
  5. そして、1に戻る

 

親も一緒に楽しめるし、自然なコミュニケーションが生まれやすそう

それと、親も子供と一緒になって作ることができるし、子供とのコミュニケーションが増えるのもGoodですね。

子どもがよく分からないというところを手伝ってあげたり、お手本を見せてあげたり。ダンボールを買ってきて、一緒にオリジナルのToy-Conを作ってみたり。

作る途中から親のほうが本気になってきて、子どもに細かいところまで口出ししたりとかありそうですね(笑)

 

DIYや工作が好きな親御さん(又は、お子さんがいる)なら、自分も楽しめるし、子どもも楽しめるし、なんだったら子どもと切磋琢磨することも可能かもしれません。

そういった方には、この『Nintendo Labo』は特にオススメできるものではないかと思います。

 

【個人的な大予想】小学校の授業でも使われる??

たとえば、工作の時間などで、

先生「今日はToy-Conを作ってみましょう!」

みたいなことが、将来ありえるのかな・・・、と思ったり。

 

昔、ニンテンドーDSの脳トレ・学習ソフトブームの時は、一部の学校でDSを教育用途として使っているところもあったと記憶しています。

『Nintendo Labo』も、似たような感じになるのではないか、と私は予想しています。

 

ちょっとだけ気になること

使うのがダンボールなので、手汗や水などで濡れた時に大丈夫なのか、がちょっと気になりますね。。(私はすぐに手汗をかくので・・・)

まあ、”ダンボール”は比較的手に入りやすいものなので、また作れば良いのかもしれませんが。。

 

さいごに

手先を動かすのは脳に良い影響を与えるそうですし、子どもは発想力豊かですので、ニンテンドースイッチとダンボールを使った「新しい遊び」が子どもたちから生まれるのも、案外早いかもしれません。

 

実は、私はそこが一番楽しみだったりします(^^)

 

そして、そこから未来のゲームクリエイターが生まれたり。

そこも任天堂の狙いなのかもしれませんね。

 

 

※『Nintendo Labo』第1弾の各種キットは、2018年4月20日(金)発売予定です。
※詳細は、以下の公式サイトからご確認ください。

 

▼Nintendo Labo公式サイト

www.nintendo.co.jp

 

※この記事で使用している画像は、youtube動画からキャプチャしたものです。画像の著作権等は全て権利者に帰属します。