嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【MHW】プレイ日記#15 ”古龍を食らう古龍”の武器でクシャルダオラを狩る!

クシャルダオラと対峙するハンター【モンスターハンター:ワールド】


こんにちは!

 

少し前になりますが、『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MHW』)が全世界出荷本数累計750万本を突破しましたね!

要因は様々あるかと思いますが……、やはり、据え置き機ならではの美麗なグラフィックと、これまでのモンハンシリーズにあった様々な仕様の変更によって”遊びやすくなった”ことが大きいような気がします。

ちなみに、750万本出荷記念アイテムパックの配信では、「古代竜人の手形G」や「金のたまご」などの有用なアイテムが受け取れます。(……って、もうみんな受け取ってますよね(^^;))

 

さてさて、前回はネルギガンテの初狩猟でしたが、新調した上位装備でも防御力がまだ不安でした。なので、まずは狩りたてホヤホヤのネルギガンテから新しい装備を作ることにしました!

各地の古龍を調査する前に、鎧玉で今の防具を強化して、ネルギガンテを狩りまくります。

そのあと、クシャルダオラに挑みます!

 

 

ネルギガンテ装備を作成

ネルギガンテから作れる防具は、「オーグ」シリーズです。

一式作成するのに必要な素材の中でも、レア素材の「滅尽龍の宝玉」が1つ必要なので、ネルギガンテの調査クエストが出るまでフリークエスト「古を喰らうもの」を周回します。

 

しかし、運が悪いのか、ネルギガンテの調査クエストが全く出てこないまま、頭防具以外の装備が揃ってしまいました。(- -;)

その後にやっと調査クエストが出てきましたので、救難信号を活用しながら金枠の調査クエストを回していき、2回目くらいで宝玉をGET!

やはり、宝玉や逆鱗などのレア素材を集める時は、調査クエストが一番ですね!( ´∀`)b

 

ということで、作成した装備がこちらです↓

 

オーグβ装備一式【モンスターハンター:ワールド】

▲ネルギガンテを狩りまくって作った「オーグβ」シリーズ。素材が結構余ってしまったので、ついでに武器も作りました。

 

うん。ゴツいですね(笑)

ちなみにこれを作った理由は、防御力もそうですが、シリーズスキル「加速再生」が魅力的だったからです。

 

ついでに作ったネルギガンテの操虫棍は、攻撃力も高く、素で青ゲージがMAXまであり、龍封力も”大”なので、古龍相手には特に有用そうです。さすが、”古龍を食らう古龍”の武器ですね!

この武器は、これから大活躍してくれそうです(^^)

 

とりあえず、しばらくはこの装備で進めていこうと思います。

 

クシャルダオラの狩猟

さて、オーグ装備の作成も完了したので、さっそく最初の調査対象である「クシャルダオラ」を討伐しに行きます!

 

まずは、各地にある古龍の痕跡集めです。

この”古龍の痕跡”ですが、フィールドにランダム配置されているのではなく、固定配置されているようでした。

なので、痕跡のある場所を覚えたら、あとは適当にフリークエストや調査クエストなどを回しながら痕跡を集めると、結構すぐに調査ポイントが溜まります。

クシャルダオラは、古代樹の森に痕跡がありますが、実際に狩猟するフィールドは”龍結晶の地”でした。

 

龍結晶の地エリア3の中央付近に来ると、ムービーが入り、「鋼龍 クシャルダオラ」が現れます。

 

初めてクシャルダオラが登場するシーン【モンスターハンター:ワールド】


クシャルダオラは、過去作にも登場していましたので、対応策は大体分かります。

今作でのクシャルダオラは動き方も少し変わっているはずですので、とりあえずスリンガー閃光弾を調合分まで持ち込み、なるべく地上に落とすことを重視して戦いました。

 

ですが、風圧対策を完全に忘れていたため、”風ブレス”や”竜巻起こし”に何回も攻撃を中断されました。。

特に、”竜巻起こし”はかなり長いこと留まるので、動ける場所が制限されてしまい、非常に動きづらかったです。

 

また、龍封力大の武器だったので、クシャルダオラが纏う「風の鎧」はそれほど脅威にはなりませんでした。(良くひるむので、すぐに「風の鎧」が解除できます)

ネルギガンテの武器を作っておいて良かったです!!

 

あとはとにかく、クシャルダオラが飛んだら”スリンガー閃光弾”で落とし、攻撃を叩き込みます!

 

スリンガー閃光弾で落ちたクシャルダオラ【モンスターハンター:ワールド】

 

このあと、

閃光弾で落ちてダウン → 攻撃を叩き込む
→ 起き上がったところで、ひるみ値の蓄積により、もう一度ダウン → 攻撃を叩き込む
→ 起き上がったところで、オトモの麻痺武器による麻痺が発動 → 攻撃を叩き込む
→ 麻痺が解けると、またひるみ値の蓄積によるダウン → 攻撃を叩き込む

という、クシャルダオラが可哀想になるくらいの連続拘束が成功し、何もさせないで大ダメージを与えることができました!(^^)

これで瀕死状態になったクシャルダオラは、巣へと逃げ帰ります。

 

龍結晶の地エリア4で寝ている瀕死のクシャルダオラ【モンスターハンター:ワールド】

▲クシャルダオラの寝る場所は、エリア4の中央にある”せり上がった岩の上”。余談ですが、何がどうなったらこういう地形ができるのか、とても不思議です。

 

寝ているクシャルダオラの頭に一発お見舞して起こした後は、そのまま狭い岩の上で攻撃を続け、討伐に成功!

 

クシャルダオラの討伐に成功!【モンスターハンター:ワールド】

 

うーん、、これは毎回スリンガー閃光弾を調合分まで持ち込むのも、ちょっと面倒ですね。。

次にクシャルダオラを狩る時は、風圧無効の装備を作ってからやろうかなと思いました。(ヽ´ω`)

 

 

ということで、今回はここまで。

次回は、「テオ・テスカトルの狩猟」です!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

▼次の記事はこちら

www.light-gamer.com

 

▼『MHW』プレイ日記の一覧はこちら

【モンスターハンター:ワールド】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

 

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.