嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【MHW】プレイ日記#19(終) シビれる難易度…!歴戦のキリン討伐!

雷を纏う歴戦のキリンに斬りかかる操虫棍ハンター【モンスターハンター:ワールド】


こんにちは!

 

前回からかなり時間が空いてしまいましたが……

今回は、HR50への壁「歴戦キリン」討伐の模様を書いていきたいと思います。

 

 

1回目の挑戦:ガンランス

最初は、歴戦がどれだけ強いのか分からなかったので、とりあえず今使っているガンランス装備のまま出発しました。

 

装備はこちら↓

ガンランス装備・スキル紹介【モンスターハンター:ワールド】
ガンランス装備の装飾品紹介【モンスターハンター:ワールド】


 

任務クエスト★9「その雷鳴は天罰か、祝福か」を受注し、北東キャンプ(12)からスタート。そのままキャンプを出て痕跡をたどると、すぐにキリンを発見しました。

 

鈍重なガンランスで素早く動くキリンにダメージを与えるのは、やはり少し難しいですね。。

なんとか攻撃の後隙を狙って、無理はせずに少しずつ攻撃を当てていきます。

 

少しすると、キリンは怒り状態へ。

雷を避けつつ、武器出し攻撃を当てると…、見事にはじかれました。。

キリンは怒ると胴体の肉質が硬くなることを忘れていました。。ちなみに、今使っている”驚天動地マグラハト”は緑ゲージまでしかありません。

ガンランスで胴体への通常攻撃を避けながら、素早く動くキリンの頭をピンポイントで突こうとするのはリスクが高いので、怒り状態時には砲撃のみでダメージを与えていきます。

 

しかし、慎重に立ち回っていたつもりだったのですが、雷撃に直撃。

秘薬を飲んだ状態で体力9割ほど残っていましたが、一瞬で残り1割ほどになりました……。

 

歴戦のキリンの攻撃をガードで防ごうとして防ぎきれず、大ダメージを受け吹き飛ばされる様子【モンスターハンター:ワールド】

▲横に来る雷撃を咄嗟にガードしたところ、ガードできずに体力をごっそり削られました。横の雷撃はガード不能なんですね。。

 

そして、そのまま気絶状態へ。動けないまま、続けざまの雷撃も直撃し、あっという間に1落ち。。

この時点で、「あ。この装備では無理そうだな」と悟ります。

 

それでも、「とりあえず、できるところまでやってみるか」と思い、再挑戦。

しかし、今作のキリンの新しい攻撃である”横の雷撃”と、攻撃範囲が広い”特大の雷撃”に大苦戦。。

そのまま、あれよあれよと言う間に3落ちしました。。orz

 

歴戦のキリンの雷撃を受けて力尽きたハンター【モンスターハンター:ワールド】

▲ちょっとした隙を狙って撃った溜め砲撃のタイミングが悪く、もろに雷撃を食らって力尽きました。。

 

歴戦モンスターってこんなに強いの!?

 

と、歴戦モンスターの難易度に軽く驚愕しつつ、「今ので攻撃パターンは大体分かったし、次はもっと慎重にやれば倒せるかな」と気楽に考え(笑)、ひとまず装備を見直すところからやり直しました。

 

2回目の挑戦:操虫棍(雷耐性-15)

最初はガンランス用の装備を考えていたのですが、理想の装備を作るのに装飾品だったり素材が足りなかったりしたので、結局一番使い慣れている操虫棍で行くことにしました(^^;)

 

装備はこちら↓

歴戦のキリンに挑む操虫棍装備・スキルの紹介1-1【モンスターハンター:ワールド】
歴戦のキリンに挑む操虫棍装備・スキルの紹介1-2【モンスターハンター:ワールド】

 

装飾品を全く付けていない素のオーグ装備ですが、「使い慣れてる操虫棍だし、まあなんとかなるかな」と、軽い気持ちで選択。

 

ということで、クエストを受注して再挑戦です!

役に立つかは分かりませんが、一応、陸珊瑚の台地のテトルー”かなで族の弾き手”も連れて、キリンの元へと向います。

 

一休みしているキリンの元へ到着【モンスターハンター:ワールド】

▲一休みしているキリンの元へ到着。

 

ちなみに、操虫棍でキリンと戦う時の動き方ですが、基本的に足が止まる△ボタンは使わず、↑+○の”飛び込み斬り”と”飛燕斬り”のみを使い、弱点の頭を攻撃していきます。

キリンの攻撃は間隔が短いので、他のモンスターと同じようなコンボを繋いでいると回避が間に合わないことが多いです。ついでに、頭の位置も少し高いところにあります。

そのため、”飛び込み斬り”が一番当てやすく、繋いで出せる”飛燕斬り”も攻撃しながら少し離れられるので、「ヒット&アウェイ」に適した攻撃です。

また、両方の攻撃とも操虫棍の中では威力の高い攻撃ですので、赤+白エキスのダブルアップ状態(又は、トリプルアップ状態)を切らさなければ、与えるダメージも申し分ありません。

 

歴戦のキリンの頭へ操虫棍の飛び込み斬りを当てたところ【モンスターハンター:ワールド】

▲”飛び込み斬り”を頭に当てたところ。火力スキルが整っていないので、ダメージはこんなものです。ちなみに、”飛燕切り”を頭に当てると87~107ダメージくらいでした。

 

しかし!!

このオーグ装備は雷耐性が-15のため、怒っていない時の普通の雷撃でも、秘薬あり体力MAX状態から残り1割まで一気に体力が削られます……!

出発前、雷耐性値を確認していませんでした。。

 

で、結果は3落ちしてクエスト失敗しました。。。

 

歴戦のキリンにやられて力尽きたところ【モンスターハンター:ワールド】

▲「足元にも及ばん!」とばかりに見下ろしてくる歴戦のキリンと、不甲斐無い旦那様を目にして膝から崩れ落ちるオトモ。。(><)

 

3回目の挑戦:操虫棍(雷耐性5)

これはヤバイ!流石に耐性も上げなくては……!!

ということで、たまたま揃っていた装飾品の耐雷珠で”雷耐性Lv3”まで上げ、雷耐性-15 を 雷耐性5 にしました。5でどれくらい軽減できるかは分かりませんが、-15よりはマシになるはずです……!

 

ついでに、空いているスロットに飛燕珠と窮地珠を入れ、”飛燕”と”死中に活”を発動させます。

”飛燕”は、今回のキリン戦ではあまり有用ではないかもしれませんが、「一応付けておいても損はないかな」と思い、セットしました。

”死中に活”は、キリンの雷撃を食らうとほぼ確実に”雷属性やられ”になるので、その時の「緊急回避手段として役に立つかも」と思い、セットしました。

 

最終的にできた装備がこちら↓

歴戦のキリンへ挑む操虫棍の装備・スキル紹介2-1【モンスターハンター:ワールド】
歴戦のキリンへ挑む操虫棍の装備・スキル紹介2-2【モンスターハンター:ワールド】

 

 

それでは、3度目の挑戦へ行きます!

 

歴戦のキリンの頭めがけて飛び込み斬りをする操虫棍使いのハンター【モンスターハンター:ワールド】

▲角(頭)、まっしぐら。

 

動き方は2回目と同じです。キリンの攻撃後に、”飛び込み斬り”で頭を攻撃していきます。

そして、とにかく攻撃を食らわないように回避を優先し、1,2撃ダメージを与えたらすぐに距離を取り、相手の攻撃を避けてからまた攻撃する、を繰り返します。

ダウンしたら、△ボタンも交えた無限ループコンボでダメージを稼ぎます。
(※あとで思ったのですが、もしかすると、ダウン中でも”飛び込み斬り”と”飛燕斬り”を繰り返す方が、ダメージ効率は高いかもしれません。)

 

そして、、、

時間は掛かりましたが、なんとか討伐に成功しました!!

 

歴戦のキリンの討伐に成功したところ【モンスターハンター:ワールド】

▲歴戦のキリンを討伐!!やったーーーー!!!ヽ(=´▽`=)ノ

 

最後は、しっかりと大タル爆弾Gを2個おいて睡眠爆破を成功させ、その後は頭を攻撃し続けて1回ダウンを取り、さらに何回か攻撃すると倒せました。

(実は途中で1落ちしてしまいましたが、、)雷耐性を上げたおかげで、最大体力の9割くらいを削られていた雷ダメージを、6割程まで抑えることができたのが大きかったです…!(><)

それと、苦し紛れにセットした”死中に活”も予想以上に大活躍でした!!

これが無かったら、今回もクエスト失敗していたかもしれません。

 

スキル”死中に活”は、「窮地珠【1】」1つでも発動できますので、キリン戦で苦戦している方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

討伐後の感想

最初は、「防具も最大強化してあるし、なんとかなるだろう」と思っていた歴戦のキリン戦でしたが、、予想を超えるダメージ量でビックリしました!

久々に手に汗握る狩りでしたね。。(狩り中は、本当に手汗びっしょりでした(笑))

 

そうそう。キリンの新しい攻撃もカッコいいですね!(横に雷が走るやつ)

歴代モンスターの中でも、私は今作の”キリン”が一番かっこいいモンスターだと思いました!

 

さいごに

他の歴戦モンスターもこんなに強化されているのかと思うと、「装備と装飾品集めをもっとしないとなぁ…」と思ってしまいます。

 

が、、さすがにちょっとモチベーションが下がって来てしまいました。。。(_ _;)
(実を言うと、エンディングを見終わった直後から、モチベーションは下がっていました。。)

 

ストーリークリア後は、これまでのモンハンと同じように装備集めがメインになりますし、、今作のもう一つの要素である”環境生物集め”も、レア生物までコンプする気力が湧き上がってこないので、「そろそろ潮時かなぁ……」と感じています。

ですので、区切りの良い今回で、一旦【MHWプレイ日記】は終了とさせて頂きます。

 

当初は、「別の視点からでも、面白さを伝えていければいいなぁ」と考えていましたが……、”自分の気持ちが乗らないことを書くのは思ったよりも難しい”ということを実感し、また勉強にもなりました。

 

拙い文章ではございましたが、ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!!

 

※『MHW』自体はすごくよく出来ているゲームですので、今後のイベントやアップデートなどで気になるものがある時は、またプレイするかもしれません。その際は、また何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

それでは、今回はこのへんで。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

▼『MHW』プレイ日記の一覧はこちら

【モンスターハンター:ワールド】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう