嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【XCOM2】プレイ日記#7 やっと新武器の製造が可能に!しかし、敵の計画が止められない。。


こんにちは!

 

2018年6月のPS Plusフリープレイで配信された『XCOM2』をやっていきます。

今回は、新武器を製造して1つ目の無線中継機を設置するまでをお送りします。

 

 

レジスタンス解放区の襲撃 ~ アヴァター計画が3段階進行

エイリアンによる2回目のレジスタンス襲撃事件が発生。1回目の時は全員助けられなかったので、「今回は全員助けてやるぞー!」と意気込んで臨みましたが……、結局全員救出は無理でした。。

 

アドヴェントの報復を阻止するミッションのリザルト画面【XCOM2】

 

ミッションの途中から気づいたのですが、そもそも1ターン目から敵が民間人を攻撃するので、どうしても犠牲者が出てしまいます。。

なので、途中から「この手のミッションで全員を救出するのは不可能だ」と悟りました。

また同じようなミッションがある時は、無理せずにクリア条件の6人救出だけを目標にしたいと思います。

 

その後は、新施設「シャドーチャンバー」の建設、「プレートアーマー」の研究が完了。

 

シャドーチャンバー【XCOM2】
プレートアーマーの研究完了画面【XCOM2】

 

これで念願の新防具「プレデターアーマー」の製造が可能となりましたが、素材となるアドヴェント・トルーパーの遺体が足りず、残念ながらすぐには製造できませんでした。。

 

そして、またエイリアンの施設が完成し、ここまででアヴァター計画が合計3段階も進行

アヴァター計画の完了まで、残り5となりました。

 

アヴァター計画が進行【XCOM2】

 

初のミッション失敗 ~ 新しい武器を製造

アヴァター計画が進行したところで、3つのミッションから1つを選ぶゲリラ作戦が発生。

できるだけゲリラ作戦を成功させて陰謀を阻止しておきたいので、前回と同様に難易度が低いミッション(今回はノーマル)を選択。

しかし……、結果はミッション失敗。。

 

「ナイフの猟犬」作戦のリザルト画面【XCOM2】
「ナイフの猟犬」作戦からの帰還画面【XCOM2】

 

3人負傷、技術兵1人が戦死、という酷い結果となってしまいました。。

敗因は、敵の監視状態中に体力が減った技術兵を不用意に動かしてしまったこと。

もう一つは、コーデックス(テレポートして分身する金色のエイリアン)範囲型サイキック攻撃を複数人がまともに受けてしまったことです。

 

コーデックスのサイキック攻撃でダメージを受けるシーン【XCOM2】

▲弾薬を0にするだけかと思いきや、次のターンでその範囲内に爆発ダメージが発生。これが致命的なダメージとなりました。

 

この時、ダメージを回復する手段がなく、敵の数もまだ残っていることを考えると、「ミッション失敗でもいいから、ここでさらなる戦死者を出すよりは一度全員帰還させよう」と思い、全員撤退させました。

もちろん、ミッションは失敗となり、”情報コストが1ヶ月間100%上昇する”という陰謀が発動してしまいましたが、それよりも育っている兵士が戦死する方がはるかに痛いので、とりあえず最悪の事態を避けられたことにホッとしました…。

 

その後は、レジスタンス通信施設の建造に着手、先進戦闘センターの建設完了、”1ヶ月間、各ミッションにフェイスレスが隠れた状態で配置される”という陰謀が発動、レジスタンスからの情報で”物資強奪”ミッション(戦闘ミッション)が発生、と進みました。

この時の物資強奪ミッションでは、全員無傷で無事にミッションを完了。意志力が低下して動揺している兵士も回復しました。

 

そして、ついに新しい武器の開発が完了しました!

 

シェン博士が新しい武器を試射しているシーン【XCOM2】

磁力ピストル【XCOM2】
シャードガン【XCOM2】
磁力ライフル【XCOM2】
▲製造が可能になった新しい武器「磁力ピストル」、「シャードガン」、「磁力ライフル」。

 

物資がちょっとだけ不足していたので、取り急ぎ「磁力ピストル」「シャードガン」を製造。

これで、狙撃兵のサブ武器と遊撃兵のメイン武器がアップグレードされ、これまでよりも敵に大きなダメージを与えられるようになります。

最近は敵の体力も多く、アーマーが付いている敵もいて火力不足を感じていましたが、やっと解消できる目処が立ちました。

あとは、物資が増え次第、残りの”磁力ライフル”を製造し、戦闘ミッションで素材を集めて防具も製造していきたいと思います。

 

無線中継機を設置 ~ アヴァター計画がさらに進行

新しい武器を製造したあとは、アメリカ東部にレジスタンス通信用の”無線中継機”を設置しました。

これで、周辺の他地域へ接触する時に必要な情報コストが少し減り、定期的に得られる補給物資も増えます。

 

アメリカ東部に無線中継機を設置したシーン【XCOM2】

 

しかし、直後にアヴァター計画が1段階進行。計画完了まで、残り4となりました。

 

アヴァター計画が進行したところ【XCOM2】

 

これは結構ヤバイかもしれません。。(・・;)

残っている新しい武器や防具を製造する時間があるかどうか、、少し不安です……。

 

ということで、今回はここまで。

 

プレイ動画

今回のプレイ動画はこちら↓

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

続きはこちら。

www.light-gamer.com

 

プレイ日記の一覧はこちら。

【XCOM2】プレイ日記まとめ - 嗜む程にゲームを味わう

 

©2016 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. Take-Two Interactive Software, Inc., 2K, Firaxis Games, XCOM, XCOM 2 and their respective logos are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved. Feral and the Feral logo are trademarks of Feral Interactive Ltd. Mac and the Mac logo are trademarks of Apple Inc., registered in the U.S. and other countries. Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries. ©2016 Valve Corporation. Steamworks and the Steamworks logo are trademarks and/or registered trademarks of Valve Corporation in the U.S. and/or other countries. “PlayStation family mark” and “PS4 logo” are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc. The ratings icon is a trademark of the Entertainment Software Association. All other marks are property of their respective owners.