嗜む程にゲームを味わう

家庭用ゲーム、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことなどを書いているゲームブログです。

【地球防衛軍5】プレイ日記#50(終) オフM107 ~ 110:神、降臨。人類最後の戦いへ【PS4】

[ミッション110. かの者]降臨した神【地球防衛軍5】


前回のおさらい

作戦司令本部がマザーシップの攻撃を受け、壊滅。しかし、地下へと避難した総司令官及びオペレーターたちは任務を続行する。すでに人類の敗戦は濃厚と思われる中、神話上の存在である”卵型の船”、”神”を探し出し、倒すことだけが最後の希望になりつつあった。

【地球防衛軍5】プレイ日記#49 オフM103 ~ 106:作戦司令本部が壊滅。目前に迫る、人類の終焉【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

今回は「ミッション107. 侵略者大結集 ~ ミッション110. かの者」までをお送り致します。

 

 

ミッション107. 侵略者大結集

ミッションクリア時の装備
フェンサー エアレイダー

UT2ハンドガトリング
ブラストホール・スピアM4
イオンミラー・シールド4E
ガリオン軽量機関砲M3

マルチチャージャー2-3
ディフレクト・セルA3

150ミリ単装砲ラピス2
バルジレーザー照射モードS
ライフスパウトガンM2

ニクス グレネーダーM2

 

マザーシップ・ナンバー11の降下地点が判明。生存者がいるかも怪しい状況ですが、戦闘可能な部隊はただちに現地へ向かいます。

 

出現する敵は、「テレポーションシップ」「シールドベアラー」「クモ」「ダンゴムシ」「ハチ」「ドローン」「タイプ2ドローン」「コロニスト」「コスモノーツ」です。

 

このミッションは、テレポーションシップも含め、敵の数がかなり多いです。

さらにシールドベアラーがいくつかのテレポーションシップの真下に陣取っているため、まずは、シールドベアラーがいないテレポーションシップを撃墜していきます。

テレポーションシップを1つ撃墜したら、一度後ろに下がって体制を立て直し、確実に1機ずつ撃破していきましょう。

 

全ての敵を撃破すると、ミッションクリアとなります。

 

また、生存している兵士の中には、専属オペレーターが話していた本当に存在するかも分からない”卵型宇宙船”を探し続けている者たちがいる、とのこと。

 

ミッション108. 烈火の大地

ミッションクリア時の装備
フェンサー エアレイダー

UT2ハンドガトリング
ブラストホール・スピアM4
イオンミラー・シールド4E
ガリオン軽量機関砲M3

マルチチャージャー2-3
ディフレクト・セルA3

150ミリ単装砲ラピス2
バルジレーザー照射モードS
重爆撃機フォボス プラン4

ギガンティック・アンローダー バルガ

 

全ての敵がマザーシップ・ナンバー11の元に集結しようと、大軍で作戦ポイントに接近しています。

 

出現する敵は、「ディロイ」「タイプ2ドローン」「インペリアルドローン」「赤蟻」「クモ」「ハチ」「ダンゴムシ」「飛びカエル」「コスモノーツ」「テレポーションアンカー」「クイーン」「マザーモンスター」「キング」です。

 

まずは、ミッションスタート直後にいるディロイを早めに破壊しましょう。

その後、大量の増援が大量に出現。それらを撃破すると、さらにテレポーションアンカーが投下されてきます。

1本でもいいので、落下直後でまだ敵を転送する前のテレポーションアンカーを高火力武器で素早く破壊するのが理想ですが、難しそうなら、引き撃ちで逃げながら敵の数を減らしつつ、テレポーションアンカーへ少しずつダメージを与えて破壊しましょう。

 

全ての敵を撃破すると、ミッションクリアとなります。

 

援軍を送ろうにも、EDFの戦力はもう残っていません。

 

ミッション109. 第11の船

ミッションクリア時の装備
フェンサー エアレイダー

UT2ハンドガトリング
ブラストホール・スピアM4
ガリオン軽量機関砲M3
HFD3重迫撃砲

マルチチャージャー2-3
砲口安定化装置4式

150ミリ単装砲ラピス2
バルジレーザー照射モードS
ライフスパウトガン

ギガンティック・アンローダー バルガ

 

マザーシップ・ナンバー11が市街地上空に降下。決着の時が来たようです。

 

出現する敵は、「マザーシップ」「テレポーションシップ」「ドローン」「タイプ2ドローン」「黒蟻」「ダンゴムシ」「クモ」「飛びカエル」「コロニスト」「コスモノーツ」です。

 

まずは、テレポーションシップを素早く破壊していきます。

その間にも、マザーシップは巨大砲台から次々とエネルギー弾を発射してきますので、マザーシップの真下には近づかないように気をつけましょう。

また、マザーシップを攻撃する際は、総司令官からの通信でも言われるとおり、巨大砲台を攻撃していきます。

全てのテレポーションシップと怪物、マザーシップの巨大砲台を破壊すると、ついに探し求めていた卵型宇宙船「コマンドシップ」が出現します。

 

コマンドシップ本体は2枚のバリアに守られており、一筋縄ではいきません。

まずは、本体の周りを旋回している攻撃砲台を破壊していきます。その中の特に青い(赤と青の縞々オーラを持つ)砲台がバリア発生装置になっています。

ある程度攻撃砲台を減らしたら、オーラを持つ砲台を優先して破壊していきましょう。

 

1枚目のバリアを破壊すると、コスモノーツを含む敵の増援がやってきます。建物などの遮蔽物がありませんので、放っておくと厄介なコスモノーツを先に殲滅させます。コスモノーツを倒してから、再びコマンドシップを攻撃していきましょう。

今回は2人プレイでしたので、増援のコスモノーツ相手には、エアレイダーのバルガがかなり役に立ちました。

 

2枚目のバリアを破壊すると、残っている砲台から強力なビームやエネルギー弾が一斉に発射されます。

この攻撃が結構キツイため、本体よりも先に全ての砲台を破壊した方が戦いやすくなります。

砲台を破壊後、コマンドシップ本体へと攻撃していきましょう。

 

全ての敵を撃破すると、ミッションクリアとなります。

 

そして現れる、銀色に輝く巨大な人影…。

 

ミッション110. かの者

ミッションクリア時の装備
フェンサー エアレイダー

UT2ハンドガトリング
ブラストホール・スピアM4
イオンミラー・シールド4E
ガリオン軽量機関砲M3

マルチチャージャー2-3
ディフレクト・セルA3

150ミリ単装砲ラピス2
バルジレーザー照射モードS
ライフスパウトガンM2

ニクス グレネーダーM2

 

コマンドシップの撃墜後、世界中でプライマーが攻撃を中断。しかし、敵旗艦の中から生命体が出現。歩兵部隊は生命体に接近。拘束します。

 

出現する敵は、「神」「コスモノーツ」です。

 

これが最終決戦です!

神は、全3段階の形態変化をします。攻撃はどれも強力です。

 

第1段階では、味方歩兵部隊が次々と突撃していきますが、それほど長くは持ちません。

味方隊員が生存しているうちに一気に攻撃を叩き込み、第2段階へと移行させましょう。

また、神は何もない空間からコスモノーツも転送してきます。コスモノーツが出現したら、コスモノーツから先に撃破していきます。

 

第2段階になると、再度コスモノーツを転送してきます。さらに、”炎をまとった前方回転蹴り”や”オーラをまとった突進攻撃”を繰り出してきます。

特に、”オーラをまとった突進攻撃”は非常に強力ですので、これだけは当たらないように全力で回避しましょう。

基本的に、敵の正面には立たないように立ち回ると良いです。

 

第3段階の最終形態では、次々と巨大な隕石を落としてきます。さらに、今度は重武装コスモノーツを転送してきます。

隕石は、地上に落ちる前に攻撃することで破壊が可能です。自分に直撃しそうな隕石のみを破壊しつつ、重武装コスモノーツ → 神の順番で攻撃していきましょう。

 

持っていく武器は、自分が一番扱いやすい中で、最も攻撃力の高い武器がオススメです。

今回持っていったエアレイダーの”バルジレーザー照射モードS”は、コスモノーツや神にかなり有効でした。

 

神を撃破すると、ミッションクリアです。

そして、ゲームクリアとなります!

 

EDF!!!!

 

ここまでの感想

ついに、ラストミッション「かの者」をクリアしました!

ブログや他のゲームもやりつつゆっくり進めていたので、発売日から約半年もかかってしまいました。(^^;)

 

破壊し尽くされ、人口が1割まで減った人類。

プライマーとの戦いに勝利したEDFは、これからは復興に尽力していくことでしょう。

”プライマーは何故、人類を攻撃してきたのか”ということについて、結局ゲーム中では具体的に語られてはいませんが、私は「人類は奴らの実験動物であり、その人類が強力な兵器や軍隊を作り上げていったことが脅威と判断され、今回の侵略(もとい、大掃除?)に踏み切った」という感じなのかな…?、と思いました。
これが当たっているのかは分かりませんが。。

 

最後のエンディングだけ、ちょっと無理矢理感が否めない締め方で終わりましたが、、それもEDFシリーズの魅力ですね!

また、今作で実装された新要素の”補助装備”や”武器のアップグレードシステム”などは、とても素晴らしいと思います。

他にも様々な調整がありますが、今までのEDFシリーズの中でも特に遊びやすく、試行錯誤がより面白く感じました。

それと、専属オペレーターさん絡みの会話内容も良かったですね。軍にいながらも、一般人と同じような価値観で世界情勢や緊迫した状況を伝えてくれるあのキャラクター性は、すごく良いと思います。

 

あ。それと、もう一つ。

ミッション110(かの者)のスタート直後に味方NPC隊員が言った「焼き肉にしてやるぜー!!」が、ちょっとツボにはまりました(笑)

(専属オペレーター「あれが………”神”です……!」 → NPC隊員「焼き肉にしてやるぜー!!」の流れ)

 

さて、とりあえずこのプレイ日記は今回で終了です。

今のところ、インフェルノやDLCの予定はありません。
(DLCは買っていません。気が向いたらやるかもしれませんが、あまり期待しないでください)

 

また来年には、別の世界でのEDFを描いた『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』も発売予定ですし、その時にはまた何かしら書いてみようかなと考えています。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

プレイ日記の一覧はこちら。
【地球防衛軍5】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

©2017 SANDLOT ©2017 D3 PUBLISHER