嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【シャドバ】疾走ビショップ:BOSアンリミテッド杯の決勝ラウンド1回戦まで進みました

 

こんにちは!

 

『シャドウバース』(以下、『シャドバ』)で定期的に行われているグランプリ。私はカードパック欲しさに毎回参加しています。

今は「BOSアンリミテッド杯」が開催中です。

 

今まで決勝ラウンドに進んだことはなかったのですが、今回は疾走ビショップを使用して決勝ラウンドへ進出できました。

が…、先程1回戦で当たったフェイスドラゴンに早速敗れました。。

みんな強いよ……(><)

 

優勝はできませんでしたが、今回はBOSアンリミテッド杯で決勝まで進められた「疾走ビショップ」デッキを紹介してみようと思います。

 

 

デッキ構成

シャドバ:疾走ビショップ【シャドウバース】

 

<デッキコード発行はこちら>

 

解説

戦い方は従来の疾走ビショップとほぼ同じですが、私は”堕天使・イブリシア””相克の翼像”を入れて、少しでも打点を稼げるようにしています。ドローソースは、”星導の天球儀”、”純真の歌い手”、”気高き教理”の3種類です。

 

やはり、”三月ウサギのお茶会”→”天空の守護者・ガルラ”のコンボが強いため、できるだけこのコンボを狙っていきます。

もしくは、”死の舞踏”やその他の疾走フォロワー、次のターンのガルラで削り切れそうな時などは、”気高き教理”や”ケリュネイア”などでフォロワーの一斉展開を狙います。

 

序盤は、”詠唱・白翼の祈り”→”マイニュ”→”純真の歌い手”or"漆黒の法典"や、”詠唱・獣姫の呼び声”→”詠唱・神鳥の呼び笛”などが理想です。

また、疾走フォロワーの展開に加え、手札が3枚以下ならもう一度手札に補充される”相克の翼像”は、序盤にドローソースを引けないときや後半での畳み掛けに重宝しました。

 

しかし、復讐ヴァンパイアの”レヴィオンデューク・ユリウス”、”糸蜘蛛の悪魔”、”狂恋の華鎧・ヴィーラ”、ミッドレンジネクロの”心眼の双葬女・レディ・グレイ”、”死の祝福”、ミッドレンジロイヤルの”ホーリーナイトベア”など、守護フォロワーの展開や回復などをされるとキツイです…。

ただし、相手の手札が絶好調でない時は、いつもより勝てる確率が少しだけ高いように感じました。

 

という感じで、負けるときは負けましたが、最速で6ターン目KOできることもあり、予選では期間中になんとか4勝できました。

そして今日、決勝ラウンド1回戦で絶好調のフェイスドラゴンに負けました。。

 

さいごに

やはり、こういうカードゲームは「速いデッキが強い傾向にある」ということを改めて感じました。

ビショップは他のリーダーよりもアグロ向きではありませんが、それでも今回決勝ラウンドまで勝ち上がれたことは嬉しかったです。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.無料posted withアプリーチ

 

© Cygames, Inc.