嗜む程にゲームを味わう

家庭用ゲーム、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことなどを書いているゲームブログです。

『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』どんなゲーム?参考情報まとめ

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

(引用元:【公式】『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』 PV - YouTube

 

2018年11月17日 更新

 

2018年11月16日に発売予定の『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』

昔発売された『ポケットモンスター ピカチュウ』版をベースに大きくアレンジ・進化された、Nintendo Switch初のポケモンシリーズ最新作です。

 

「買おうかどうか迷っている…」「最近気になってきたけど、どんな感じなのか分からない」「『モンスターボール Plus』って??」などなど、気になったことを簡単にまとめてみました。

 

公式サイトはこちら↓ 

www.pokemon.co.jp

 

 

バージョンの違いは「相棒ポケモンと出現ポケモンが違う」こと

主人公と常に行動をともにする”相棒ポケモン”。それぞれのパッケージ・タイトルにある通り、ピカチュウ版では「ピカチュウ」、イーブイ版では「イーブイ」が”相棒ポケモン”となります。

また、それぞれのバージョンのみに出現するポケモン、出現しないポケモンがいたり、出現しやすいポケモン、出現しにくいポケモンなどの違いがあります。

この点は、過去作と同じようです。

 

相棒について

相棒ポケモンに関することをまとめています。

 

  • 「相棒ポケモン」を連れて歩ける
  • 相棒ポケモンは「進化しない」
  • 相棒ポケモンの「着せかえ」「髪型変更」ができる
  • 専用の「相棒技」や「ヒジュツ」が使える
    • 相棒技とは、相棒ポケモンだけが使用できる専用の強力なわざ。ピカチュウとイーブイでは、それぞれ別々の相棒技を覚える。
    • ヒジュツ=”ひでんわざ”。過去作での”いあいぎり”や”なみのり”、”そらをとぶ”などのこと。本作では「ヒジュツ」という名称に変更され、各技名も変更されている。

 

システムについて

ゲームシステムに関することをまとめています。

 

  • 冒険の舞台は「カントー地方」
  • 登場ポケモン数は「151匹+α」(+αは新ポケモン)
  • 「相棒以外の好きなポケモン」も連れて歩ける
    • 例えば、イワークの背に乗ってフィールドを自由に動き回れる。フィールドにいるポケモンは、その大きさや身長も再現されている。
  • 「シンボルエンカウント方式」を採用
    • フィールド上に野生ポケモンが直接出現し、プレイヤーが触れると捕獲画面に移行する。(※過去作のように、「野生ポケモンとのバトルにはならない」)
    • 捕獲方法は、『ポケモン GO』のようにモンスターボールを投げて捕まえる。
    • 捕まえると経験値が手に入り、手持ちのポケモンたちが成長する。
  • バトルは「トレーナー戦のみ」
    • バトルに勝つと、”モンスターボール”と”経験値”が手に入る。
    • トレーナー戦に勝つことで、大量に消費するモンスターボールを入手しやすくしている。
  • オンラインの「レート対戦」はナシ
  • 一部のポケモンは「メガシンカ」可能
  • ソフト1つで「2人ローカル協力プレイ」ができる
    • 協力プレイのメリットは、ポケモンの捕獲がしやすくなることと、トレーナー戦では2対1でバトルができること。
    • オンラインでの協力プレイはできない。
  • モンスターボール Plus』はコントローラとして使える
    • 今後発売されるポケモンシリーズでも使えるのかは、今ところ不明。
  • 『ポケモン GO』と連携できる
    • 『ポケモン GO』から『Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』にポケモンを連れてくることができる。
      ※『Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』に収録されているポケモンのみ。例えば、『金・銀』から登場する”バンギラス”などは連れてくることができない。
      ※「アローラのすがた」のポケモンは連れてこれる。
    • 『Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』から『ポケモン GO』へポケモンを連れてくることはできない。
    • 1つのセーブデータに紐付けられる『ポケモン GO』のアカウント数に制限はない。(家族や友達がゲットした『ポケモン GO』のポケモンも連れてこれる)
    • 『ポケモン GO』から連れてきたポケモンたちは、「GOパーク」という専用エリアに預けられる。
    • 「GOパーク」は20エリアに分かれており、1エリアにつき20匹まで預けられる。つまり、最大1,000匹までのポケモンを「GOパーク」に預けることができる。
    • 『Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』のポケモンを『モンスターボール Plus』に入れて、『ポケモン GO』にように連れ出すことができる。
    • 『モンスターボール Plus』で連れ出したポケモンは、経験値を取得したり、能力UPアイテムの「アメ」を拾ってくる、などのメリットがある。
    • 『ポケモン GO』から連れてきたポケモンは、『ポケモン GO』へと戻すことはできない。その代わり、『ポケモン GO』側では冒険に役立つアイテムがもらえる。
    • 『モンスターボール Plus』を『ポケモン GO Plus』の代わりとして使える。

 

Nintendo Switch Online(ニンテンドースイッチオンライン)について

 

  • オンライン対戦・交換ができるようになる
  • 『セーブデータお預かり』には非対応

 

『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』では、『セーブデータお預かり』(セーブデータのクラウド保存)機能は利用できないそうです。

理由は、「不正防止」のため。

例えば、ランキング上位にいる時の対戦データの復元防止や、ゲーム中で1つしか手に入らないレアアイテムなどの複製防止など。ポケモンシリーズでは、伝説のポケモン(ミュウツーやミュウなど)を複製できないようにするため、だと考えられます。
(※上記の理由により、他にも『セーブデータお預かり』機能に対応していないタイトルが存在します。例:『スプラトゥーン2』や『1-2-Switch』など。)

 

特別仕様のNintendo Switch本体同梱版も発売

 

さいごに

「相棒」「ポケモンGOとの連携」「協力プレイ」が大きな特徴となる、Nintendo Switch初のポケモンシリーズ最新作『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』。

完全新作ではありませんが、「シンボルエンカウント方式」の導入や「ポケモンGOとの連携」など、システム面で大きな変化をとげている意欲作です。過去作とは大きく異なるため、元ネタの『ピカチュウ』版を知らないという方でも”新しいポケモンの形”として楽しめるように思います。
(※ポケモンシリーズの完全新作は、「2019年後半発売予定」と発表されています)

元ネタの『赤・緑』や『ピカチュウ』版を知っている古参プレイヤーは、懐かしい気持ちで楽しめつつ、さらに進化した”現代のポケモン”を堪能できるでしょう。

 

また、『ポケモンGO』で初めて”ポケモン”に触れた人が、次に遊ぶ”ポケモン”ゲームとしても最適ではないか、とも思います。

 

ざっくりとまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

参考になりましたら幸いです。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!