嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

意外と知られていない?PS4 Proの違いは「リモートプレイ」や「シェア機能」にもある

 

こんにちは!

 

先週くらいにPS4 Proの値下げが発表されましたね。

 

www.4gamer.net

 

PS4 SlimとPS4 Proの違いについては、他のサイトやPlaystation公式ブログなどで色々とまとめられていますが、今回は、その中でもあまり見かけなかった”PS4 Proの違い”について、少し書いてみようかと思います。

 

 

「リモートプレイ」をさらに高画質で遊べる

「リモートプレイ」をさらに高画質で遊べる

 

上記の画像は、公式でPC向けに配布されているリモートプレイ用ソフトの設定画面です。

PS4 Slimでは、最高でも「720p」(1280px × 720px)までしか解像度を選択できませんが、PS4 Proでは、さらに上の「1080p」(1920px × 1080px)まで選択することができます。解像度1080pなら、TVでプレイするのとそれほど変わらない画質でリモートプレイが可能ということです。

 

ただし、”高画質になる”ということは、その分”通信の負荷が高まる”ということです。最高画質で快適にリモートプレイをするのなら、PS4 Proは有線で接続するなど、ネットワーク環境をある程度整えることが必要になります。

 

私は普段、PCでPS4 Proのリモートプレイをしていますが、解像度1080pならリモートプレイでも十分満足できる画質でPS4の綺麗なゲーム映像を楽しめています。
(※リモートプレイ時の”画質の綺麗さ”については、リモート接続先のディスプレイ解像度なども影響しますので、ご注意ください。)

 

PCでリモートプレイをお考えの方は、こちらもご参考までにどうぞ。↓

www.light-gamer.com

 

「シェア機能」も高解像度になる

PS4 Proは「シェア機能」も高解像度になる

 

シェア機能とは、「スクリーンショット」「ブロードキャスト(生配信)などのことです。

ただし、シェア機能が高解像度になるかどうかは、ゲームタイトル毎に仕様が決まっているそうです。対応しているタイトルによっては、4K(3840px × 2160px)画質のスクリーンショットが撮影できたり、フルHD1080pでのビデオキャプチャが可能です。

また、YouTubeへのストリーミング(配信)では「解像度1080p / 毎秒60フレーム」という、いわゆる”高画質のヌルヌル動画”で配信が可能です。

 

この点において、ゲーム実況や配信などを考えている人には、PS4 Proがおすすめです。

 

さいごに

今回は、他のサイトではあまり紹介されていない”PS4 Proの違い”について、をご紹介いたしました。

本当は本体サイズや性能などの詳細な違いまで書こうかと思っていましたが、そういうのは既に他のサイトやブログなどで紹介されていますので、私は少し違った視点からPS4 Proをご紹介してみました。

 

ですが、やはりPS4 Proの魅力は「4K&HDR対応」「動作の安定化による高品質な体験」などが挙げられます。

4K対応テレビの値段が徐々に下がってきている今、もし4Kテレビへの買い換えを考えているPS4ユーザーの方は、この機会にPS4 Proへの買い替えを検討してみるのも良いのではないかと思います。

 

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

© 2018 Sony Interactive Entertainment Inc.