嗜む程にゲームを味わう

家庭用ゲーム、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことなどを書いているゲームブログです。

【シャドバ】ネタデッキ「祈らないビショップ」を作ってみた(OOT環境ローテーション用)

 

強いデッキだけ使っているのも飽きてくるので、今回はビショップのネタデッキ「祈らないビショップ」を作ってみました。

※基本的に勝てないデッキですので、今回の動画はありません。

 

 

デッキ構成

シャドバ:ネタデッキ「祈らないビショップ」のデッキ構成【シャドウバース】

 

<デッキコード発行はこちら>

 

ポイント

  • デッキテーマ「祈らない」
    • つまり、”アミュレットを入れない”(フォロワーの能力で場に出てくるアミュレットは対象外)
    • ついでに、”スペルも入れない”
    • デッキは”フォロワーのみで構成”
  • 相手のアミュレット対策として、”スットゥング”を採用
  • ドローソースとして、”宝石の巫女”、”純真の歌い手”を採用
  • 全体除去として、”希望導く聖乙女・ジャンヌ”を採用
  • フィニッシャーとして、疾走フォロワーの”聖域の守護者”、”グレートタウラス”を採用

 

このデッキの戦い方

序盤は、”宝石の巫女”や”ユニコーンナイト”、”純真の歌い手”などで相手の攻撃に耐えつつドローを進め、中盤移行の準備を進めます。

中盤は、”鉄槌の僧侶”を進化させて盤面有利を取ったり、”神鳥の修道女”のエンハンス能力を使い、終盤で他のフォロワーと合わせる準備をします。

終盤は、中盤で準備していた”壮麗なる隼”と合わせて、”聖域の守護者”や”グレートタウラス”で一気にダメージを与え、フィニッシュを狙います。

 

基本的には、基礎ステータスの高いフォロワーやファンファーレ、エンハンス能力を駆使してなんとか頑張る!……という感じになります。

一応、相手がネメシスなら”黒き破壊のアーティファクト”や”クリスタルキャノン”を、相手がビショップなら”封じられし熾天使”を、”スットゥング”で消滅させることを意識すると、少しは粘り強く戦えます。

 

さいごに

ふと、「アミュレットを使わないビショップって、今どんな感じになるのか」ということが気になり、今回はこのようなネタデッキを作ってみました。

十数戦ほどこのデッキで対戦してみましたが、やはりまず勝てません。ただし、たまにうまくハマって勝つ時もありました。”勝率は0に近いが0ではないデッキ”という印象です。

 

ネタデッキは基本的に勝つことが難しいですが、たまたまうまくいって勝てた時の快感が病みつきになりますね。

 

 

以上、何かの参考になりましたら幸いです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.無料posted withアプリーチ

 

© Cygames, Inc.