嗜む程にゲームを味わう

家庭用ゲーム、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことなどを書いているゲームブログです。

【スマブラSP】Ver.1.2.0アップデートが配信。オンラインマッチで「優先ルール」が反映されやすくなった!

オンラインモードの大乱闘で優先ルールをONにしている画面【スマブラSP】

 

本日、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、『スマブラSP』)アップデート(Ver.1.2.0)が配信されました。

今回は、このアップデート内容について気になった点を書いていきたいと思います。

 

www.nintendo.co.jp

※アップデート内容は、ゲーム内からも確認できます。
(メインメニュー画面などでZRボタンを押す → 「ニュース」を選択する)

 

 

今回の大きな変更点は「オンラインマッチングの優先度調整」

以前は、マッチング前に設定できる”優先ルール”よりも、通信ラグ(遅延)が少ない”近くの人”が優先されているようなマッチングが多く、望まない対戦をやらされることに不満が募るプレイヤーの声がそれなりに多く見受けられました。

 

今回のアップデートではその点にメスが入り、マッチング時に”優先ルール”の設定がより反映されやすくなったそうです。

ただし、この変更の影響でマッチングの待機時間が長くなる場合があるとのこと。

 

それでも、やはり自分が希望しないマッチに無理やり入れられる方がストレスですので、これは良いアップデートだと思います。( ´∀`)bグッ!

 

複数のファイターに修正・調整が入った

個別の修正、調整が入ったファイターは以下の通りです。
ドンキーコング、リンク、カービィ、ルイージ、アイスクライマー、こどもリンク、ピクミン&オリマー、トゥーンリンク、むらびと、ゲッコウガ、パックマン、ダックハント、しずえ

 

(引用元:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 更新データ|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

 

計13名のファイターに修正・調整が入ったようです。しかし、具体的な内容までは公開されていません。

ファイターがメインの対戦ゲームでもありますし、こういったファイター個別の修正・調整内容は、大雑把でも良いのでどういう調整が入ったのかはしっかりと公開してほしいところです。

 

さいごに

アップデート前に私も何回かオンライン対戦をやりましたが、”優先ルール”と大きく異なったマッチングになることはありませんでした。
(この時は、私と同じ優先ルールでの対戦希望者がたまたま多かったのかもしれませんが…)

しかし、ネット上での意見を見てみると「マッチングがおかしい」という声をそれなりに見かけていましたので、今回のアップデートで良い方向へ行くことを期待しております。

 

それと、そんなに大きくは変わらないのかもしれませんが、ファイターの修正内容はやはり気になりますね。。

 

 

それでは、今回はこのへんで。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

公式サイトはこちら↓

www.smashbros.com

 

 

 

© 2018 Nintendo
Original Game: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD.