嗜む程にゲームを味わう

家庭用ゲーム、スマホゲーム、ボードゲームなど、実際にプレイして面白かったものや気になったことなどを書いているゲームブログです。

『オーバーウォッチ』を3年間プレイした感想

オーバーウォッチのオープニングムービー中のウィンストン

 

オープンβ時から細々とプレイを続けている『オーバーウォッチ』も気づけば3周年。こんなに長期間プレイしているゲームは初めてです。

いい機会なので、今回は3年間プレイして感じたことや思ったことなどを書いてみようと思います。

※ゲーム自体の評価・レビュー記事ではありません。
※記事執筆時点でのプレイ時間:398時間、マッチ勝利:1232。(戦績画面の”全モード”で確認)

 

 

楽しさのピークはオープンβ

始めて『オーバーウォッチ』をプレイしたオープンβの時は、ゲームのルールもシステムもあまり理解できていない中、みんながこの新しいタイプのゲームを手探りで試行錯誤しながら遊んでいる感じがものすごく楽しかったです。

しかし、いつまでも超お気楽プレイを続けた結果、ほとんど上達することなく、レートは横ばいから緩やかに下がっていきました。それに比例して上手くなりたいという意欲もなくなり、半年~1年くらい経つ頃には惰性でプレイするように。。

 

それまでは自分の操作に精一杯で周りを見る余裕がなく気づかなかったのですが、2年目に入るくらいからようやく少しだけ周りを見る余裕が出始めると、一部で”『オーバーウォッチ』は味方ガチャゲー”と呼ばれる所以がやっと理解できました。向上心が低く、好きなキャラしか使わない、それすらもなかなか上達しない私は完全な地雷プレイヤーなんだなと認識した瞬間です。

その時から、最低限のセオリーや立ち回り、キャラ相性などを少しずつ勉強するようにはなりましたが……、まぁ相変わらずエイムは下手ですし戦況を上手く把握することもできません。しかも、それを意識し出すとさらにレートが下がっていきました。我ながらセンスの無さに落ち込みます。。

で、最終的に行き着いたのが、「誰にも期待しない」「ライバル・プレイをしない」「無理しない範囲で自分ができることをやる」「勝敗に固執せず試合を楽しむ」「あからさまに不快極まりない味方と当たったら無視するか、最悪ゲームを抜ける」というプレイスタイル。ストレスを溜めるためにゲームをやりたくないので、私の場合はこのように落ち着きました。
(そうそう。ずっと適正シルバーだと思っていましたが、正確にはブロンズとシルバーの境目が適正ランクのようでした。とても納得)

 

そんなこんなで結局一番楽しかったなぁと思うのは、一番最初のオープンβ時です。あの頃の、みんなが手探り状態で何が何だか分からないけどなんか楽しい!……という感じが私の中でのピークでした。

自分の腕前を知らないからこそ、これからどれだけ強くなれるか、成長できるかにワクワクするような高揚感もあったと思います。現実を知った今は違いますけどね。

 

なんで3年も続いたのか

勝敗よりも『オーバーウォッチ』という世界観やストーリー、キャラが好きだったり、下手でもたま~に気持ちよくなれる瞬間があるから……だと思います。
(最後の方、なんかヤバイ薬のような感想になってる……)

正直、面白いと感じることは年々減っていますし、センスもありません。ですが、なんだかんだで楽しいと思うことがあるからここまで続いたんでしょう。アップデートによる新キャラ追加もその一つです。

それと、「上手くないけど、こうすれば少しは楽しめるかな?」という自分なりの試行錯誤がずっと続いているからまたプレイしたくなってしまう……というのもあるかもしれません。”下手の横好き”とはこのことです。

 

あと、あれです。試合開始前のリスポーンエリアで、他の誰かとおもしろいスプレーの組み合わせができた時が一番楽しいですね(笑)

 

おもしろスプレー画像1【オーバーウォッチ】

おもしろスプレー画像2【オーバーウォッチ】

おもしろスプレー画像3【オーバーウォッチ】

 

最近のプレイスタイル

先にも少し書きましたが、この記事を書いている2019年6月現在ではレートを上げることはすっぱり諦め、主に”クイックプレイ”とアーケードモードの”ミステリーヒーロー”、たまに”ノーリミット”などを遊んでいます。

頑張ってもできないことは無理して頑張らず、レート以外にも色々諦めると、また違う楽しさが見えてきたような……? そんな気がしています。

一応、毎シーズンごとにあるライバル・プレイの認定マッチ10戦だけは腕試し的な感じで真剣にプレイしていますが、認定マッチ終了後は一切ライバル・プレイはしていません。レートを上げるため本気でやっている方々の迷惑になるし、何より精神的な疲労感がハンパないので。。

 

いつになるかは自分でも分かりませんが、面白さや楽しさが全く感じられずストレスしか溜まらなくなった時は、さすがにプレイをやめます。ですが、それまでは面白そうな新作ゲームまでのつなぎとして、これからも細々とプレイしていくことでしょう。

 

さいごに

当初はまさかこんなに長くプレイするゲームになるとは思わなかったです。自分でもビックリ。オンラインゲームって恐ろしいですね。

 

あ、それと一応書いておきます。私はオンラインゲームでも一人で気ままにプレイする方が好きなので、リアルの友人・知人以外のフレンド申請やチーム招待などはすべてお断りしております。何卒ご了承ください。m(_ _)m
※今はないですが、昔はたまにフレンド申請をしてくださる方もいましたので、一応念のため。

 

 

それでは、今回はこのへんで。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

© 2018 Blizzard Entertainment, Inc.