嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【シティーズ:スカイライン PS4】プレイ日記#5 人口17000人を突破!本格的に区画整理を開始


こんにちは!

 

シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition』のプレイ内容を書いていきます。

今回は、マイルストーン「人口が17000人に到達する」達成までをお送りします。

 

 

人口8500人

前回で、やっと”街”から”都市”になったところで、まずは「地下鉄」を設置してみようと思います。

 

地下鉄を設置

地下鉄を設置【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

▲2つある居住区と産業区を繋げてみました。

 

あ…。今書きながら思ったのですが、商業区にも駅を設置した方が良さそう……。

後で直します(- -;)

 

水力発電所は使い方がよく分からない…

地下鉄を作ると電力が不足しましたので、また発電施設を建てます。

そこで、新しく解除された「水力発電所」を使ってみようと思ったのですが、、有効な使い方が分かりませんでした。。

 

水力発電所を設置しようとしたが使い方が分からなかった【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

▲水力発電所を水の流れが強いところに設置しようとしても、改良型風力タービンの方が安くて発電量も多い。

 

この「水力発電所」は、どこに使うのが正解なのだろうか……。

しばらく考えてみましたが、結局思いつかなかったので、改良型風力タービンを設置して解決しました。

 

本格的な区画整理を開始

新しく購入したエリアも使って、そろそろ本格的な区画整理をしていきます。

まずは、大雑把に高速道路を基準として、上側を”林業・農業エリア”、下側(現在の街)を”都会エリア”、左の島を”娯楽・観光エリア”、にしようと思います。

 

ということで、大雑把に区画整理を進めた結果がこちら↓

 

大まかな区画整理をした【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

 

まず、林業特区のプロスペクトパークを削除し、高速道路のジャンクションを”クローバー型交差点”へ建て替えて、上側に作った新しい地区「バーロウヒルズ」を林業特区にしました。

プロスペクトパークだったところは、一般産業区に戻しています。

 

次は、左の島を4つの地区へ分け、観光特区と娯楽特区を2つずつ設定。

高速道路を挟んだ左右の地区は、地下に道路を敷いて相互接続しました。

併せて地下鉄も設置し、街からも行き来できるようにしています。

 

人口14000人突破(大都市)

マイルストーン「人口が14000人に到達する」達成画面【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

 

区画整理中に、次のマイルストーン「人口が14000人に到達する」を達成しました!

 

解除された内容はこちら↓

  • 新しいエリア
    • 2km x 2km
  • 新しい施設
    • 下水処理場
    • 火葬場

 

お!「火葬場」は早速設置しておきましょう。

「下水処理場」は今すぐ必要ではないので、もう少し余裕ができてから、既存の排水施設と置き換えたいと思います。

 

林業特区の整備を進める

林業特区のバーロウヒルズでは、今までと違った形で道路を繋いでみました。

 

道路の敷き方を試行錯誤中の林業特区【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

 

高速道路の出入り口は、6車線一方通行道路を使って環状線に繋いでみました。

さらに、中心へ向かって3方向から道路を引き、3区画に分割。中心には、消防署や警察署などの重要施設を設置し、緊急車両のアクセス性も確保します。

上の画像の左側は森林資源が少なめなので、そこを居住区にして労働者の確保を予定しています。

 

人口17000人突破(雄大な都市)

マイルストーン「人口が17000人に到達する」達成画面【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

 

林業特区の整備と既存の街の整備を交互に進めていると、早くも次のマイルストーン「人口が17000人に到達する」を達成しました!

 

解除された内容はこちら↓

  • 新しい機能
    • 融資3
  • 新しい施設
    • 太陽光発電所

 

今回は、解除された要素が少なめです。

「太陽光発電所」は魅力的なのですが、悪天候や夜になると発電量が少なくなるそうなので、今はちょっと見送りたいと思います。

 

初期の林業特区を支えたミルパークを商業区へ変更

最初の頃に、林業特区の労働者不足を解消するために作成した、低学歴居住者用地区「ミルパーク」。

このミルパークですが、今は林業特区を別の地区へ移したこと、産業区から商業区へと商品を運ぶ車の数が多くなっていることに合わせて、居住区から商業区へと変更しました。

 

地区を削除【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】
居住区を商業区へと変更【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】
▲これで、地下道路を通って産業区と商業区を最短距離で結ぶことができました。

 

輸送車両の交通量が多いため、いっそのこと右上にある居住区を全て商業区にしてしまうのもアリかもしれませんね。

高速道路の近くには産業区と商業区、高速道路から離れたところに居住区、という感じにしていけば効率良くなりそうです。

 

水力発電所の設置に失敗し、川が氾濫

電力不足になったので、試しに水力発電所を設置してみました。

 

水力発電所を設置してみると川が枯れた【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

▲発電所を設置して様子を見ていると、水がせき止められていき、川が枯れました。。

 

「なるほど。水力発電所ってダムのことか」と、この時やっと理解しました。

 

この後もしばらく様子を見ていましたが、一向に水が流れる気配がなく、発電量もずっと0のままです。

このままでは、取水施設から水が組み上げられなくなり、街中が断水してしまうので、仕方なく水力発電所を撤去しました。

 

水力発電所を撤去した直後【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

▲水力発電所を撤去した直後。

 

すると……

 

浸水が発生【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

▲浸水が発生!!


ん!!!!!!!?

 

せき止められていた水が一気に流れ、川が氾濫した【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

川の氾濫によって居住区が少し浸水した【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】


おぉぅ………。やっちまった………。orz

 

ですが、水はすぐに引いていき、夜になる頃には元の水位に戻りました。

 

川の氾濫が治まった【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

▲暗くなる頃には、元の川に戻りました。


ひとまず、取り返しのつかないことにならなくて良かったです。。

 

今回の件で、地形に左右される”水力発電所”は使い所が難しいことが分かりました。

しばらくは、改良型風力タービンを主力にしていこうかと思います。。

 

林業特区を整備

林業特区「バーロウヒルズ」に居住区と新しい道路を整備【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】

▲林業特区「バーロウヒルズ」に居住区と新しい道路を整備。

 

観光特区にランドマークを建設

観光特区【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】
観光特区に設置したランドマーク「自由の女神像」【シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition】
▲観光特区にランドマーク「自由の女神像」を設置。

 

観光特区はあまり手を付けられていないので、まだ訪問者数が少ない状態です。

このランドマークで、少しは観光客を呼び込めるといいなぁ。。

 

この時点で、人口は23000人を超えました。

まだ低密度の居住区が半分近く残っているので、全てを高密度の居住区に変更すれば、人口は一気に増えそうです。

 

さて、次は商業区と産業区を整備して、貨物列車を走らせたいですね。
(貨物列車がうまく機能すると、渋滞を緩和できるそうです)

そのためには、道路も見直さないと。。

区画整備は、まだまだ続きます。

 

 

ということで、今回はここまで。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

続きはこちら。

www.light-gamer.com

 

プレイ日記の一覧はこちら。
【シティーズ:スカイライン PS4】プレイ日記まとめ - 嗜む程にゲームを味わう

 

 

© 2015-2018 and published by Paradox Interactive AB, CITIES: SKYLINES and PARADOX INTERACTIVE are trademarks and/or registered trademarks of Paradox Interactive AB in Europe, the U.S., and other countries. Developed by Colossal Order Ltd. Adapted for PlayStation(R)4 by Tantalus Media Pty Ltd. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.