嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【DFF】ディシディアファイナルファンタジー NT オープンβテスト第3回,第4回の感想&PS Vitaリモートプレイ時の注意点【PS4】

Playstation®4版 ディシディアファイナルファンタジー NT Openβ Test

 

こんにちは!

 

オープンβテストも昨日で終わってしまいましたね。

私は、毎回18時からがっつりとプレイすることは出来なかったのですが、とても楽しめたオープンβテストでした!

 

この記事では、2018年1月6日(土) ~ 2018年1月7日(日) 18時~23時に実施された、PS4版『ディシディアファイナルファンタジー NT』(以下、DFF NT)オープンβテスト第3回,第4回の感想を書いていこうと思います。

それと、実はオープンβテスト第1回からPS Vitaでのリモートプレイでプレイしていたので、その時に気づいたことも書いていきたいと思います。

 

 

DFF NT オープンβテスト第3回,第4回の感想

今回、公式サイトに掲載されている第3回,第4回の使用可能キャラクターと、実際の使用可能キャラクターが違っていました。

以下、DFF NT公式アカウントのツイートを載せておきます。

 

  

今回、私が使用したキャラクターは、「ノクティス・ルシス・チェラム(以下、ノクト)」「シャントット」「アルティミシア」「ヤ・シュトラ」「ラムザ・ベオルブ(以下、ラムザ)」です。

 

「ノクト」は、オープンβテスト初登場ということで、早速使ってみました!

使用感としては、横方向と下方向に強い攻撃が揃っていて、思っていたよりも使いやすかったです。ただ、専用EXスキルの”シフト”を使うタイミングがよく分からず、あまり上手く使いこなせませんでした。

ファミ通.comさんの『DFF 初心者の館』によると、”シフト”を使用した直後は一瞬だけ”クリティカルシフト”というバフ(ステータス強化)が付き、その状態でブレイブ攻撃を当てると専用EXスキルのチャージ上昇値が大幅に上がるそうです。

つまり、”シフト”後にブレイブ攻撃を当てるようにすると、次に"シフト"を使えるまでの間隔が短くなる(1試合中での”シフト”使用回数が増える)ということですね。

上手く”シフト”を使いこなせるようになると、かなり面白そうなキャラクターだと感じました。(※ちなみに、”シフト”は最大3回分までストックされます)

 

それと、「ラムザ」は専用EXスキルを使うことを常に意識すると、意外と面白いキャラクターだと分かりました。

試合開始直後やふっ飛ばされて誰からも狙われなくなったスキに、”ためる”で専用EXスキルゲージを満タンまで溜めて、”おうえん”(攻撃力&防御力&移動速度アップ、さらにブレイブを徐々に増加する効果を他の味方全員に付与)で味方を強化したり、

自身を強化する”さけぶ”(技性能変化、移動速度アップ、3段ジャンプが可能になる)で、中距離から不意打ちしたりと、使っていて面白かったです。

 

また、今回のオープンβテストでは、序盤のストーリーを一部見ることが出来るのですが、私はストーリーを一切見ておりません。

なぜかというと、”製品版で見る”ためです!

 

はい、予約しちゃいました(^^)

 

発売後2,3週間くらいすると中古で少し安くなる可能性もあるのですが、オープンβテストでの体験が思っていたよりも楽しかったので、予約して新品で買うことにしました。

 

発売日の1月11日まで、あと少し。楽しみに待ちたいと思います!

 

そして、冒頭でも書きましたが、私はこのオープンβテストの全ての回をPS Vitaでのリモートプレイでプレイしていました。

その時に気づいた、「PS Vitaでのリモートプレイ時の注意点」も以下に書いておきたいと思います。

 

PS Vitaで『DFF NT』をリモートプレイする時の注意点

PS4とPS Vitaを直接接続する

PS VitaでPS4のリモートプレイをする時の接続方法は、”WiFi経由(PS VitaとPS4を直接接続)”と”アクセスポイント経由”と”インターネット経由”の3種類があります。

お使いのルーターやケーブル、回線速度にもよるかと思いますが、私が試した限りですと、”WiFi経由”でPS VitaとPS4を直接接続する方が一番ラグ(遅延)が少なかったです。

『DFF NT』は「対戦アクション」ゲームですので、少しでもラグがあると不利になり、だんだんストレスが溜まってきます。”WiFi経由”でのリモートプレイでは、ほとんどラグが感じられないほど快適に操作ができましたので、もしPS Vitaでのリモートプレイを考えているという方には、”WiFi経由”での接続をオススメしておきます。
(・・・本当はリモートプレイをせずに、直接PS4でプレイした方がいいのですが。。今の私の環境ではちょっと厳しかったので。。)

 

召喚ができない!

これ、かなり重大です。。。

PS Vitaでリモートプレイすると、召喚ボタン(PS4コントローラーのタッチパッド押し込み)が前面タッチパネルに割り当てられる仕様なのですが、PS Vitaの前面タッチパネルをずっとタッチしているのに召喚モーションが開始されず、全く召喚ができませんでした。

ただし、たまに一瞬だけ召喚モーションが始まる時があり(本当に一瞬だけ。すぐ召喚モーションが止まる。。)、「なんでだろう??」と操作の仕方を試行錯誤してみました。

  1. 前面タッチパネルを”タッチ(一瞬だけ触る)”すると、召喚ボタンが1回押されたことになるようで召喚モーションが始まる。ただし、「1回押して、すぐ離した」という状態で認識されるようで、召喚モーションは一瞬しか動作しない。※”タッチ”操作なので、これは正しい動作のように思う。
  2. しかし、前面タッチパネルを”ロングタッチ(ずっと触り続ける)”すると、召喚モーションすら再生されず、全く反応がない。こちらとしては、「召喚ボタンを押し続けている」という状態を期待しているのだが、そもそもゲーム側で”召喚ボタンが押された”という認識すらしていないように思う。
  3. それならばと、「”タッチ”して召喚モーションに入った瞬間に”ロングタッチ”する」も試してみましたが、全然ダメでした。。
  4. ”そもそもPS Vitaのタッチパネルがおかしいのではないか?”、ということも検証するため、他のソフトでのリモートプレイやPS Vita用ソフトでの”タッチ”、”ロングタッチ”を試してみるも、全て正常に動作。ゲームプレイに支障はありませんでした。
  5. PS Vita、PS4共に、システムのバージョンは最新バージョンが適用されていることも確認。

以上のことから、この現象は『DFF NT』(ソフトウェア側)の不具合の可能性があるのでは?、と考えられます。

PS4のコントローラーとPS Vitaのタッチパネルでは、おそらく、プログラム上で取得できる操作の入力情報が違うと思いますので、その部分の差異が吸収できていないのではないか?、と予想しておりますが、、詳しいことは開発者にしか分かりませんね。。(※私はPS4用ゲームの開発経験は一切ありません。全て私個人が予想した不確定な見解です。ご留意ください)

 

ということで、一応こちらの件は、『DFF NT』のスクエア・エニックス サポートセンターページの「お問い合わせ」から不具合報告を出しておきました。

製品版が発売されてからでも良いので、修正されることを祈っております( ̄人 ̄)

 

”ターゲット切り替え”がやりにくい、ライトニングやエクスデスの”モードチェンジ”がやりにくい

『DFF NT』をPS Vitaでリモートプレイすると、R2,L2、R3,L3は背面タッチパネルへと割り振られます。(以下の画像を参照)

 

DFF NTのPS Vitaリモートプレイ時のボタン割り当て【ディシディアファイナルファンタジー NT】

DFF NTのPS Vitaリモートプレイ時のボタン割り当て

 

”ターゲット切り替え”は「R2,L2」、”モードチェンジ”は「L3」を使用します。

特に使用頻度が多い”ターゲット切り替え”は、中指でPS Vitaの背面タッチパネル上部をタッチしなくてはならないのですが、コントローラーのボタンと違い、プレイ中、どこをタッチしているのか分からなくなることが多く、思うようにターゲット切り替えができませんでした。。

ライトニング、エクスデスを使った時の”モードチェンジ”も、同様にやりにくかったです。

 

PS Vitaリモートプレイ時の”R2,L2、R3,L3ボタンの押しにくさ”を解決する方法

私は、株式会社ホリ製の「リモートプレイアシストアタッチメント for PlayStation Vita」を購入して、物理的に解決しました。(『DFF NT』のために、わざわざ購入しました(笑))
【L2/R2、L3/R3ボタン搭載】リモートプレイアシストアタッチメント for PlayStationVita (PCH-2000専用)
※PS Vitaのリモートプレイ用アタッチメントには、”上越電子工業株式会社の製品”と”株式会社ホリの製品”が存在していますが、私が購入したのは、R3,L3までボタン化されている”株式会社ホリの製品”です。

リモートプレイのボタン割り当てはソフトによって異なりますが、『DFF NT』では問題なく使えました。

さすがに、”PS4コントローラー並”とまでは行きませんが、これでスムーズに”ターゲット切り替え”ができるようになり、このアタッチメントを付ける前よりも、全体的にリモートプレイでの操作がやりやすくなりました!

ですが、、R3,L3ボタンを薬指で押すのには、なかなか慣れませんね。。
アタッチメントが無いよりは全然マシなのですが。。(・・;)

 

〈番外編〉リモートプレイをするならPCの方が良いかも・・・

PS Vitaのリモートプレイでは、「リモートプレイアシストアタッチメント for PlayStation Vita」を使用することで、やっとある程度まともに操作できるという状態でしたが、

どうしてもリモートプレイで快適に操作したい場合は、PS4コントローラーをそのまま使える「PCでのリモートプレイ」が良いかもしれません。

※PCでのリモートプレイ対応OSや細かい性能要件などは、以下の公式サイトからご確認ください。
PS4リモートプレイ Windows® PC / Mac

 

私のPCはWindows 7なので、残念ながらリモートプレイには対応しておらず、操作性などのプレイ感をお伝えすることができません。。

最近はPCの動作も遅くなってきているし、もう6年くらいは使っているので、そろそろ買い替え時かもしれません・・・。

もし新しいPCに買い替えたら、PCでのPS4リモートプレイの感想・レビュー記事も書きたいと思います。

 

さいごに

さて、発売前のオープンβテストも終了しましたし、あとは2018年1月11日の発売日を待つだけになりました。

あ。発売日の前日に直前生放送がありましたね。
役立つ情報やプレイのコツを紹介するそうなので、そちらも面白そうです!

・・・まあ、私は仕事で見れないんですけどね。。youtubeなどで後日ゆっくり見ようと思います。

 

再来週には『モンスターハンターワールド』も発売されますし、年始早々、楽しみが多くて嬉しいです(^^)

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

オープンβテスト第1回の感想記事はこちら。
【DFF NT】ディシディアファイナルファンタジー NT オープンβテスト第1回の感想・レビュー【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

オープンβテスト第2回の感想記事はこちら。
【DFF NT】ディシディアファイナルファンタジー NT オープンβテスト第2回の感想【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

 

公式サイトはこちら。

www.jp.square-enix.com

 

© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA ILLUSTRATION:©2017 YOSHITAKA AMANO