嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【MHW】『モンスターハンター:ワールド』をエンディングまでプレイした感想・評価

調査拠点アステラ【モンスターハンター:ワールド】


こんにちは!

 

『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MHW』)のストーリーをクリアしましたので、エンディングまでプレイした感想を書いていきます。

 

 

エンディングまでプレイした感想

面白かった!!!!

これまでのモンハンでは少し物足りなかったストーリー性を、PS4の性能をフルに使った魅せ方により、余すところなく堪能できました!

やはり、グラフィックが綺麗なのは良いですね~。

 

一切喋らないプレイヤーキャラに対し、明るくて元気で前向きな相棒の受付嬢が、プレイヤーをこの世界へと引き込ませるための上手い立役者になっているように感じました。

巷では、相棒の受付嬢に賛否両論あるようですが、私は好きです(*´ω`*)
(特に、クエストを受けるために話しかけた時の「あ↑いぼ↑うっ!」という声が好きです(笑))

 

ストーリーの内容もしっかりと大筋が通っており、見せ方や盛り上がる場面までの持って行き方も良いと思います。

あと、ボリュームもちょうど良い感じですね。これ以上長いと、途中でダレてくる可能性が高いと思います。

 

『MHW』の”オープンワールド”要素について

また、本作で謳われていた「オープンワールド」というのは、他のゲームで言うところの”オープンワールド”とは似て非なるものですね。

『MHW』の”オープンワールド”は、「ゲームを中断すること無く、いつでも好きな時に世界中の人と一緒に狩りに行ける”システム”(救難信号など)のことを指す」のだと思います。

そして、既にクエストを開始している他者のゲーム内に、参加希望のプレイヤーを世界中からマッチング&同期させているのは、よく考えてみると結構難しいことを実現させているような気がします。
※技術的なことはよく分かっていませんので、なんとなくそんな気がする、というとても曖昧な意見です。

 

 

ロード時間がちょっと長い

”シームレス化した広大なフィールド”と”グフィックデータ”などの読み込みや、再構築処理などが大きな要因かと思いますが、ゲームの開始やクエストの開始&終了時のロードが少し長く感じます。

しかし、2018年3月22日(木)に配信される無料アップデートの内容に「ロード待ち時間を軽減」とありますので、こちらについては(どの程度かは分かりませんが)改善が見込めます。

 

エンディング後の遊び方

これまでのモンハンと同じく、以下のようになります。

  • 強力な装備を作る
  • ネタ的な装備を作る
  • 環境生物をコンプリートする
  • ギルドカードの勲章を集める
  • マルチプレイのお手伝いさんになる
  • 闘技大会でタイムアタックに挑む

 

他にもあるかもしれませんが、大体上記のような感じに絞られるかと。

 

総評

全体的にとても面白い「良ゲー」です!

 

特に、マルチプレイに関するシステムや仕様については、ソロプレイヤーでも本当に気軽にマルチプレイが楽しめるようになっており、今後も本作をベースにしてシリーズを継続してほしいくらいに快適です。

 

あえて粗探しをするなら、若干ストーリー内で唐突な展開に感じる場面もあること、ロード時間が少し長いこと、エンディング後にやることはこれまでのモンハンと対して変わらないこと、などでしょうか。

人にもよるかもしれませんが、私は上記のような不満点を差し引いても、本作はとても面白いです(^^)

 

また、ストーリー以外にも、過去作からの問題点やシステムの煩雑さを大幅に改善した本作は、モンハンを初めてやる方にもオススメです。

 

 

▼次の記事はこちら

www.light-gamer.com

 

▼『MHW』プレイ日記の一覧はこちら

【モンスターハンター:ワールド】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう