嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【地球防衛軍5】プレイ日記#2 オフM2~4:エアレイダーとフェンサーで行く基地からの脱出【PS4】

 

プレイ日記ってどう書けばいいんだろう・・・。と、考えていたのですが、「動画もあるし、1ミッションずつ簡単な説明やポイントを押さえながら書いていこう」かと思います。

 

前回の記事はこちら。

【地球防衛軍5】プレイ日記#1 祝発売!地球防衛軍5はやっぱり面白い!!【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

 

ミッション2. 闇からの脱出 - 操作感と武器の挙動を確認

エアレイダー フェンサー

リムペットガン
ZE-GUN
ライフベンダー

コンバットフレーム ニクス ゴールドコート

ディフレクション・シールド
ブラストホール・スピア
ディフレクション・シールド
FG7ハンドガトリング

とりあえず、初めての戦闘になるので武器やキャラの動きのクセを掴もうと、色々動きまわっていました。

 

私が使用したフェンサーのプレイ感としては、通常の動きは変わった感じがしませんでしたが、スラスターダッシュの盾キャンセルができなくなっていたことと、ジャンプブースターの初動が少し速くなっていました。

前作では、ボタンを押してから一瞬腰を落とし、力を溜めてからブースターを使ってジャンプしていたと記憶しているのですが、今作では、ボタンを押した瞬間にブースターでジャンプするように調整されていました。このため、咄嗟にブースタージャンプでも回避できるようになりました。

 

弟が使用していたエアレイダーは、移動の動き的には前作からほとんど変わっていないように感じます。ただ、回避時の移動距離がちょっと長くなっているような気がしました。(気のせいかもしれませんが。。。)

あとは、単純に武器を3つ持てるようになったので、サポート用と攻撃用武器を両方持っていけるのがとても良く、前作よりも安定性と戦略の幅が増したように思います。

 

このミッションでは、特に苦戦することもなく、ミッションクリアできました。

 

ミッション3. 228基地の危機 前編 - 味方のコンバットフレームが強いです

エアレイダー フェンサー

リムペットガン
バルジレーザーA
ライフベンダーM2

コンバットフレーム ニクス ゴールドコート

ディフレクション・シールド2
ブラストホール・スピア
FG7ハンドガトリング
ヴィブロ・ローラー

 

基地からの脱出に成功したのも束の間、外に出るとすでに戦闘が始まっているじゃないですか・・・!

基地の中だから味方のNPC隊員の数も多いのですが、それよりも遥かに多い数の巨大蟻が襲ってきています。

必死で基地を防衛しようとする隊員たち。そこへ武器を持った民間人の私達も戦闘に加わります。たくさん待機しているにも関わらず、全く動く気配の無かったコンバットフレーム部隊ですが、最後の敵の波状攻撃を前にやっと動き出します。

「難易度HARDだし、すぐにやられるのでは・・・?」と思っていましたが、意外と敵の進軍を押さえているではありませんか。それでも、やはり数には敵わず、徐々に倒れていくコンバットフレーム部隊。それでもなんとか、民間人(プレイヤー)の活躍もあり、基地の防衛に成功しました。

 

ここではとりあえず、新しく手に入れた武器を装備して出撃。

エアレイダーのバルジレーザーAは、前作のサテライト系と同じ感じですね。1つ違うのが、リロードが功績ポイントではなく時間経過による自動リロードになっていること。

自動リロードになったことで使い勝手がかなり良くなっています。ですが、リロード時間が長めなのが少し辛いですね。。別枠の装備でリロードが短いものと併用して、リロード時間の遅さをカバーした方が良さそうです。

フェンサーのヴィブロ・ローラーは、前作と比べても特に変わった感じはしませんでした。いつも通り突進していきます。プレイしているのが難易度HARDだからっていうのもありますが、一撃で倒せない時はすぐに囲まれるので要注意の武器ですね。

 

ミッション4. 228基地の危機 後編 - 最後に味わう絶望感!

エアレイダー フェンサー

リムペットガン
180ミリ砲
ライフベンダーM2

コンバットフレーム ニクス ゴールドコート

ディフレクション・シールド2
ブラストホール・スピア
デクスター自動散弾銃
30ミリ ガリア重キャノン砲

 

開幕、エアレイダーから180ミリ砲フレンドリーファイアをもらいましたw

リムペットガンと違い、一度発射するとリロードキャンセルとかができないんですね~。

ここでは、フェンサーのガリア重キャノン砲でテレポーション・アンカーの破壊を優先し、エアレイダーはその補助と出てくる蟻の撃破、という作戦で進行。

 

しばらくすると、「基地を放棄する!」との連絡が。無数に湧いてくる巨大生物を前に、基地を守りきれないと判断した隊長。

そして、撤退しようとした最後の最後で、めちゃくちゃテレポーション・アンカーが降ってくるじゃないですか・・・( ゚д゚)

「いや・・・。これはさすがに無理・・・。。」と思った時にミッションクリアの表示。いや~、久しぶりに絶望感を感じました!これぞ地球防衛軍って感じのミッションでしたね!

 

さいごに

ここまでが、基地の中で行うイベントのスタッフとして参加していた民間人(プレイヤー)が、突如襲ってきた巨大生物に襲われながれもEDF軍の人達と協力して、基地から脱出するお話でした。

このゲームは、戦闘中に味方隊員の通信や後方基地から無線連絡、報道のナレーションなど、とにかくよくしゃべるゲームです。

そのしゃべっている内容も面白いものが多いので、よく聞こえにくいという方は、オプション設定から「ボイス音量」をBGMやSEよりも高めに設定するのが良いと思います。(※ただし、一般市民の悲鳴なども大きくなりますので、音量の上げ過ぎにはご注意ください)

 

さて、基地から脱出した後は、民間人(プレイヤー)を家まで送り届けてくれるという隊長のお言葉に従い、市街地へ向けて移動していきます。

 

 

というところで、この続きはまた次回。

(これ、、1ミッションずつ書いていくの結構大変だ・・・。でもまあ、頑張ってみます・・・!)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

続きはこちら。

www.light-gamer.com

プレイ日記の一覧はこちら。
【地球防衛軍5】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

©2017 SANDLOT ©2017 D3 PUBLISHER