嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【地球防衛軍5】フェンサーの基本的な使い方:初心者向け

フェンサーの使い方(初心者向け)【地球防衛軍5】


こんにちは!

 

地球防衛軍5でフェンサーを初めて使ってみた方の感想として、「動き遅い!」「攻撃当てづらい!」というのがほとんどだと思います。私も最初はそうでした。

ですが、動き方のちょっとしたコツを覚えるとフェンサーの面白さに気づいてしまい、しばらく他の兵科にいけないくらいハマってしまいました!

 

今回は、まだフェンサーの扱い方がよく分からないという方に向けて、ちょっとしたコツやテクニックを書いていきたいと思います。

 

 

フェンサーの特徴とは?

まずは、フェンサーの特徴を把握しておきましょう。

  • 武器を片手に1つずつ × 2セット(合計4つ)装備できる
  • 同じ武器を両手に装備できる
  • 補助装備が2つ装備できる
  • 武器にサブ機能が付いているものがある
  • 歩く速度がとても遅い
  • 体力(アーマー値)が高い

大体、上記のような特徴があります。

その中でも、フェンサーを使う上で意識しないといけないのが、「武器にサブ機能が付いているものがある」です。

 

具体的には、

近接系武器についている「サイドスラスター」

ガトリングやショットガン系などについている「ジャンプブースター」

シールド(盾)についている「ディフレクター」

のことです。

 

もっと素早く移動するには?

フェンサーの基本的な移動手段は、「サイドスラスター」と「ジャンプブースター」を使うことです。

 

「サイドスラスター」と「ジャンプブースター」の操作方法

※操作方法はデフォルト設定を想定して解説致します。

コントローラーの「L1」「R1」ボタンを押すと、武器のサブ機能として「サイドスラスター」と「ジャンプブースター」を使うことが出来ます。

L2、R2ボタンは、右手・左手武器それぞれの攻撃ボタンとなります。

 

フェンサーは両手に武器を持っているため、

コントローラーの右側(R1、R2ボタン)は「右手武器の攻撃」、
コントローラーの左側(L1、L2ボタン)は「左手武器の攻撃」、

とイメージすると分かりやすいかと思います。

 

「サイドスラスター」について

”ブラストホール・スピア”や、”フォース・ブレード”、”ヴィブロ・ハンマー”などの近接武器系に付加されている、サブ機能です。

使用すると、左スティックを倒している方向に向かって、一定距離を瞬時にダッシュ移動します。

左スティックを倒していない時は、真正面にダッシュします。

 

「ジャンプブースター」について

”ガトリングガン”や、”ガリオン速射砲”、”NCSキャノンショット”などの中距離武器に付加されている、サブ機能です。

使用すると、左スティックを倒している方向に向かって、斜めに大きく飛び上がります。

左スティックを倒していない時は、真上に向かって特に大きく飛び上がります。

 

「サイドスラスター」と「ジャンプブースター」を組み合わせて高速移動する

「サイドスラスター」と「ジャンプブースター」のどちらかでも、それなりに移動は可能ですが、さらに素早く移動する方法があります。

それが、「サイドスラスター」と「ジャンプブースター」を時間差で使用することです!

 

実際の動きを見てみましょう。

 

いかがでしょうか?

「サイドスラスターを先に出してから、すぐにジャンプブースターも使う」のがコツです。

仕組みとしては、サイドスラスターで横に滑っている(飛んでいる?)うちに、ジャンプブースターで空中へ飛び上がると、横方向の急激な移動と縦方向の急激な移動が合わさって、空中を滑るような高速移動が可能となります。

 

フェンサーは武器を4つまで装備できるので、1セットは「移動用」もう1セットは「攻撃用」として使い分けると、安定して動くことが出来るようになります。

 

フェンサーを使う際は、攻撃する時も逃げる時も、この移動テクニックが重要となりますので、ぜひ覚えていってください!

 

攻撃を当てやすくするには?

フェンサーは武器を4つも装備できることから、装備重量の影響で歩行速度と「旋回速度」(振り向き速度)が遅くなります。

さらに、旋回速度には”慣性”が働くので、振り向きたいところに照準を合わせるのが少し大変ですよね。

攻撃が当てにくいと感じる1つの原因は、この「旋回速度の慣性」だと思います。

 

そこで、オプション設定から旋回速度の値を少し高めに設定してみてください。

そうすると、振り向きの速度が速くなります。

旋回速度を速くするメリットとして、慣性で一旦ズレた照準も素早く修正することが出来るようになります。

デメリットとして、元々旋回速度に影響が無い近接系武器は、純粋に振り向き速度自体が速くなってしまうため、照準合わせの感覚を掴むまでに少し慣れが必要になることです。

 

旋回速度の具体的な設定値についてですが、これは人によって”感覚の違い”がありますので、色々な設定値を少しずつ自分で試してみて、しっくりくるポイントを探してみてください。※ミッション中でも、”OPTIONSボタン”で設定を変更することができます。

設定値を調整する際は、値を1ずつ試すのではなく、まずは10や50などの少し大きめな値から試していき、”ちょっと速すぎるな”と感じたら、徐々に設定値を戻していく方法がオススメです。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

  1. 「サイドスラスター」と「ジャンプブースター」を組み合わせて高速移動する
  2. オプション設定の「旋回速度を調整」する

以上の2つを覚えると、ウイングダイバーにも負けない、フェンサー独自の機動性や攻撃力を体感でき、面白さが実感できるかと思います。

最初は、とにかく練習あるのみです!

私もまだまだ上手い方ではないので(特にエイムが…)、、フェンサーを使う者同士、一緒に頑張っていきましょう!

 

余談ですが、前作『地球防衛軍4.1』までは、サイドスラスターとディフレクター(敵の射撃攻撃を跳ね返す盾のサブ機能)を交互に使用して高速移動する「盾キャンセル(盾キャン)」というテクニックが存在していました。

が、今作『地球防衛軍5』では調整が入り、それができなくなりました。

もし、「盾キャンセル」というテクニックを知っていたという方は、残念ながら今作ではできませんのでご注意ください。

 

 

追記:フェンサーの状況別オススメ装備についても書きました。

www.light-gamer.com

 

 

それでは、今回はこの辺で。
良き『地球防衛軍5』ライフを!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

プレイ日記も書いています。
【地球防衛軍5】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう

 

©2017 SANDLOT ©2017 D3 PUBLISHER