嗜む程にゲームを味わう

TVゲーム(家庭用ゲーム)、スマホゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム)など、実際にプレイして面白かったものや気になったことを書いていくゲームブログです。

【MHW】プレイ日記#14 ついにネルギガンテの狩猟へ!新大陸には古龍がいっぱい!?

ネルギガンテの腕振り下ろし攻撃の瞬間【モンスターハンター:ワールド】


こんにちは!

 

ネルギガンテ討伐の前に、オドガロンを狩りまくってガロン装備を作成しました。
シリーズスキルの”剛刃研磨”が、操虫棍と相性良さそうな気がしましたので(^^)

頭防具だけはカガチに変更し、さらに追い風の護石を組み合わせ、念には念を入れて”精霊の加護”Lv3(被弾時にダメージを-50%にしてくれることがある)を付けました。

武器も”カガチノハシラⅠ”にまで強化して、準備万端です!

 

それでは、『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MHW』)のパッケージにも描かれている看板モンスター「ネルギガンテ」の狩猟に行ってきます!

 

 

ネルギガンテの狩猟

初めてネルギガンテが登場するシーン【モンスターハンター:ワールド】


”龍結晶の地”エリア9に到着すると、ムービーが入り、「滅尽龍 ネルギガンテ」が登場!

 

まずは、猟虫でエキス採取をしながら、動きを観察します。

ネルギガンテの前方が危険なのは言わずもがなとして……、真横にいても横タックルやひっかき攻撃を仕掛けてくるので気が抜けません。

比較的安全そうな、尻尾&後ろ足付近に陣取って攻撃をしていきます。

 

ネルギガンテの尻尾切断に成功【モンスターハンター:ワールド】

尻尾の切断は成功!!


ネルギガンテ戦用に防具を上位装備にしたものの、それでも結構なダメージをもらいますね。。

特に、怒り状態時に繰り出してくる「立ち上がって咆哮→空中に飛び上がって突進&着地時にトゲを周囲に飛ばす攻撃」が、一番危険です。。

 

「もう、部位破壊とか言ってる場合じゃない!!」ということで、ひたすらネルギガンテの後ろに回り込んで、後ろ足やトゲが白い状態の翼などを攻撃していました。

一応、白いトゲのうちにその部位を破壊できれば、ダウンが取れることは知っていましたが……、正直、それどころではありません。。。
(ネルギガンテの攻撃、コワイ……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)

 

回避優先で立ち回り、なんとかネルギガンテを瀕死に追い込みました。

今度は、こちらから猛攻を仕掛けます!

 

が・・・、ひっかき攻撃からの腕振り下ろしコンボで1乙。。突っ込みすぎました。。orz

 

突っ込みすぎて1乙【モンスターハンター:ワールド】

 

気を取り直して、再挑戦!

もう瀕死状態ではあるので、今度は初心に戻り、あまり無理せず攻撃していきます。

 

そして、5分後。

 

ネルギガンテの狩猟に成功【モンスターハンター:ワールド】

 

討伐成功!!!ヽ(=´▽`=)ノ

いや~、久しぶりにモンハンでヒヤヒヤしました(笑)

 

各地で古龍が動き出す

拠点に戻ると、いきなり作戦会議が始まりました。

なんでも、「ネルギガンテを討伐したことで収まると思われた、他の古龍たちの動きが収まらない」とのこと。しかも、痕跡を調べたところ、3体の古龍が同時に活動を開始したそうです。

そこで、各地に残っている古龍の痕跡を集め、全ての古龍の調査をすることになりました。

それぞれの古龍は、”古代樹の森”、”大蟻塚の砂漠”、”瘴気の谷”に痕跡があるそうなので、次の目的は「上位クエストや探索などで古龍の痕跡を集めて、調査すること」です。

 

各地に残っている古龍の痕跡を集めるチュートリアル【モンスターハンター:ワールド】

 

1体でも”天災”と言われる古龍が1度に3体。。

ここからは、本格的に装備を整えつつ、挑む必要がありそうです……!

 

(※”剛刃研磨”を使う時は、”砥石使用高速化”をLv3まで上げた方が良さそうです。”砥石使用高速化”Lv2でネルギガンテに挑みましたが、Lv2でも狩猟中に研ぐのは少し危険でした。。

 

 

ということで、今回はここまで。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

▼次の記事はこちら

www.light-gamer.com

 

▼『MHW』プレイ日記の一覧はこちら

【モンスターハンター:ワールド】プレイ日記まとめ【PS4】 - 嗜む程にゲームを味わう